神様紹介

 

大綿津見神(わたつみのかみ)は、日本神話に登場する神。イザナギとイザナミによる神産みの、家宅六神の次に生まれた「海の神」である。海を司る神は多いが、その最初に生まれた海 ...

神様紹介

 

家宅六神は、日本の神話に登場する六柱の神の総称である。家に関する神として「家宅六神」と呼ぶ。

家宅六神の神名と神格石土毘古神(いわつちびこのかみ)

石と土の神 ...

神様紹介

 

大事忍男神は、古事記に登場する神。

伊邪那岐命と伊邪那美命の国生みに続いて、神生みが行われるが、その最初の神が大事忍男神である。

大事忍男神の神格大事 ...

神様紹介

 

宇迦之御魂神は、日本の神話に登場する神。宇迦の「ウカ」は穀物・食物の意味で、穀物の神である。他に「ウケ」も同様に穀物・食物の意味とされる。保食神(うけもちのかみ)、豊受 ...

神様紹介

 

少彦名命は、日本の神話に、大国主命の国造りの協力者として登場する、海からやってきた小さな神。海からやってきて、様々な技術を伝授していったことから、渡来系の神だとする説も ...

神様紹介

葦原中国平定(国譲り)神話

国津神である大国主命が平定した葦原中国を、天津神が譲り受ける神話である。

繁栄した葦原中国を見ていた高天原の神々は、「あの国は天津神が統治するべきである。と ...

神様紹介

 

大国主命(おおくにぬしのみこと)は、日本神話に登場する神。

天孫が降臨するまで、葦原中国(地上)を支配していた「国津神」である。

高天原の神「天 ...

神様紹介

 

猿田彦命は、日本の神話に登場する神。天孫「瓊々杵尊」の神降りの際に道案内を行った国津神ということで、道開きの神として信仰を集めている。また、天津神と国津神の初の交わりと ...

神様紹介

 

月読命(つくよみのみこと)は、日本神話に登場する神。

同時に産まれた三貴神であるところの天照大神や建速須佐之男命とちがって、神話内での活躍は無いに等しい。

神様紹介

 

建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)は、日本神話に登場する神。

神話では、子供っぽい側面、粗暴な側面、そして英雄としての側面など、多様な人格で描かれて ...