商売繁盛, 京都

山城国一宮であるところの「賀茂別雷神社」の境内の東に「片岡山」がある。その中腹に鎮座するのが、今回ご紹介する「双葉姫稲荷神社」である。

上賀茂神社「渉渓園」の奥に朱色の鳥居が見えるの ...

仕事・出世, 運気上昇, 神奈川

JR横浜線もしくは東急東横線の「菊名駅」を降り、北へ。

歩道橋のある交差点にタバコ屋が見えるだろう。そのタバコ屋の右側面の道路に入る。交差点から斜めに、住宅地へ入っていくイメージだ。 ...

子宝・安産・子育て, 鳥取

倭文神社は鳥取県東伯郡湯梨浜町に鎮座する神社。

東伯郡といえば、東伯農協。そう二十世紀梨

延喜式神名帳に名を連ねる式内社にして、伯耆国一之宮。近代においては官幣小社に列す ...

古事記

速須佐之男命の悪行を見て畏れた天照大御神は、天の石屋戸に閉じ籠った。

岩戸隠れ

天照大御神が隠れた(太陽が隠れた)ために、世界が暗闇となったが、これを自然現象と捉えると、思い浮かぶのは ...

古事記

誓約の結果を一方的に決めつけて、自分の勝ちとした須佐之男命は、勝ちに乗じて様々な悪行を働く。

須佐之男命の悪行

天照大御神の「悪いことを善いように言い換える」という手法は、現在でも「大 ...

古事記

父である伊邪那岐命から追放を言い渡された須佐之男命は、それを受け入れて、、、

姉弟の対面

このように、天照大御神はまるで男のような出で立ちで、須佐之男命がやってくるのを待ち構えた。

神様紹介

禍津日神は、日本神話に登場する神道の神で、神道において最も嫌われる「穢れ」から生まれた神。よって災厄の神とされる。

禍津日神の神名

古事記では

八十禍津日神(やそまがつひのかみ) ...

古事記

伊邪那岐命は、黄泉の国から生還したのち、筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原にて、穢れを祓うべく「禊」(みそぎ)を行う。

纏っていた衣服や持ち物を脱ぎ捨てたとき、その持ち物から12柱の神々 ...

古事記

橘の小門の阿波岐原

黄泉の国から生還した伊邪那岐命。まずは、死者の国で穢れた体を洗い流すこととした。

禊(みそぎ)とは、、、

海や川に入って身を清める儀式のことを言う。本来、神前に進む場 ...

コラム

5月14日の朝、テレビから嬉しいニュースが飛び込んできた。

永らく世界遺産への登録を熱望してきた「百舌鳥・古市古墳群」が、ユネスコの諮問機関イコモスから世界文化遺産に登録するよう勧告 ...