神様紹介

禍津日神は、日本神話に登場する神道の神で、神道において最も嫌われる「穢れ」から生まれた神。よって災厄の神とされる。

禍津日神の神名

古事記では

八十禍津日神(やそまがつひのかみ) ...

神様紹介

祓戸大神(はらえどのおおかみ)は、日本神道における「祓い」を司る神々の総称である。

「祓い」は神道の真髄である。とすれば、それを司る祓戸大神は神道における中核となる神々であると言えよ ...

神様紹介

原山津見(はらやまつみ)は、日本神話に登場する神。

伊邪那岐命が斬り殺した自らの子で火の神の「加具土命」の左足から成った山の神である。

原山津見の神名

原山津見(はらやまつ ...

神様紹介

戸山津見(とやまつみ)は、日本神話に登場する神。

伊邪那岐命が斬り殺した自らの子で火の神の「加具土命」の右足から成った山の神である。

戸山津見の神名

戸山津見(とやまつみ) ...

神様紹介

奥山津見(おくやまつみ)は、日本神話に登場する神。

伊邪那岐命が斬り殺した自らの子で火の神の「加具土命」の腹から成った山の神である。日本書紀には現れず、古事記にしか登場しない ...

神様紹介

闇山津見(くらやまつみ)は、日本神話に登場する神。

伊邪那岐命が斬り殺した自らの子で火の神の「加具土命」の陰部(男根?)から成った山の神である。日本書紀には現れず、古事記にしか登場し ...

神様紹介

羽山津見(はやまつみ)は、日本神話に登場する神。

伊邪那岐命が斬り殺した自らの子で火の神の「加具土命」の手から成った山の神である。

羽山津見の神名

羽山津見(はやまつみ)& ...

神様紹介

志藝山津見(しぎやまつみ)は、日本神話に登場する神。

伊邪那岐命が斬り殺した自らの子「加具土命」の左手から成った山の神である。日本書紀では足から化成したと記述されている。

志藝 ...

神様紹介

淤縢山津見(おどやまつみ)は、日本神話に登場する山の神である。

古事記にのみ登場し日本書紀には現れない。

「伊邪那岐命」に斬り殺された、火の神「加具土命」の死体から現れた ...

神様紹介

正鹿山津見は、日本神話に登場する山の神。山のどこを司る神とするか、意見が分かれるところだ。

正鹿山津見の神名正鹿山津見(まさかやまつみ)>>>古事記
正勝山祗(まさ ...