住吉三神|底筒之男命・中筒之男命・表筒之男命

 


「住吉三神」総称して「住吉大神」は、日本神話に登場する神。伊邪那岐命の「禊」で生まれた三柱の海神である

「綿津見三神」総称して「綿津見神」も、同時に生まれている。こちらも海の神だ。

その前に、伊邪那岐命・伊邪那美命の神生みの段にて、家宅六神の次に「大綿津見神」が生まれている。最初の海神だ。そして、この神のみ「海の神」と明記されている。

さらに、海の神といえば、宗像三女神も海の神。海の神は多い。

海を越えて渡来した各部族が「それぞれに祀っていた海の神」の伝承を、古事記というひとつの書物に放り込んだため、多くの海の神を登場させなければならなかったのだろう。

そして、いずれも三柱セットとなっていることも興味深い。

これは、海人族の自然信仰の名残で、海人族はオリオン座のシリウス・ベテルギウス・リゲルの三連星を目印にして、航海の際に方角を測っていたとされ、それが三柱セットで神を祀る理由ではないかという説がある。

 

住吉三神の神名

  • 筒之男命(つつのおのみこと)>>古事記
  • 筒男命(つつのおのみこと)>>日本書紀
  • 塩土老翁(しおつちのおじ)>>塩筒老翁とも書き、現人神(あらひとがみ)として現れた住吉神とする説がある。
三柱の住吉神
  • 底筒之男命(そこづつつのおのみこと)
  • 中筒之男命(なかづつつのおのみこと)
  • 表戸と之男命(うわづつつのおのみこと)

住吉三神の神格

  • 海の神
  • 航海の神

「海の神」だけでなく、身禊で生まれた神であるからして「祓いの神力」も持つとする。

住吉三神の神徳

  • 航海の安全
  • 豊漁
  • 浄化
  • 和歌上達

住吉三神の系譜

古事記によると、「生まれた」ではなく「あらわれた」と表現されているが、、、

身禊で現れた神である。

スポンサーリンク

住吉三神が登場する神話

誕生神話

伊邪那岐命が黄泉の国に伊邪那美命に逢いに行って、逃げ帰ってきたときの話である。

伊邪那岐命は黄泉の国から還ってきて、「随分と厭な穢い国に行ってしまった。よって禊をしようと思う」と言った。

筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原に行き、禊を行った。

その投げた杖によって現れた神は、

・・・(ここから、身に着けていた様々な衣服や小物から多くの神々が生まれる記述)・・・

そこで、「上流の方は瀬が早い、下流の方は瀬が弱い」と言いつつ、真ん中の瀬に下りて水中で身を洗ったときに現れた神は、

・・・(ここから、身からはがれた穢れから神々が生まれ、その穢れを直すための神々が生まれる記述)・・・

次に、水そこで洗った時に現れた神は「底津綿津見神」と「底筒之男命」
海中で洗った時に現れた神は「中津綿津見神」と「中筒之男命」
水面で洗った時に現れた神は「表綿津見神」と「表筒之男命」である。

このうちの三柱の綿津見神は安曇氏の祖先神。よって安曇の連たちは綿津見神の子「宇都志日金拆命」(うつしひがなさくのみこと)の子孫である。

また三柱の筒之男命は、住吉神社の三座の神様である。

・・・(この後、「三貴子」すなわち天照大神・月読命・建速須佐之男命が誕生する記述)・・・

古事記「身禊」より

三韓征伐

神功皇后が三韓征伐を行う前、仲哀天皇崩御の場面に登場する。

息長帯比売命(神功皇后)は、神懸かりをした方であった。

仲哀天皇が熊曽征伐のために筑紫の香椎宮にいたときのこと。

天皇が琴を弾き、武内宿禰が祭りの庭において、神の仰せを伺ったところ、皇后が神懸かり、、、

「西の方に、金銀をはじめ、たくさんの宝物を持つ国が多くある。私が今その国を授けよう」と言った。

ところが天皇は、「高い場所に登っても、西に国は見えない。海しか無いではないか。偽りを言う神だ。」と言い、琴を弾くのをやめた。

すると神は激怒し、「この国は、おまえが治めるべき国では無い!おまえは一本道に進むがよい!」と言った。

それを聞いていた武内宿禰は天皇に、「恐れ多いことを言うものではありません。もう一度その琴をお弾きくださいませ。」と進言した。

天皇は仕方なく、中途半端に琴を弾いたのだが、間もなく琴の音は聞こえなくなった。

明りを灯して見てみると、天皇は既にお隠れになっていた。。。

 

驚いた武内宿禰は、すぐさま御大葬の宮殿に遷し、国中から幣帛をとりつつ、天津罪・国津罪を求めて大祓して清め、

祭りの庭で神の仰せを願った。

すると神は「この国は皇后の腹の御子が治めるべき国である。その御子は男の御子だ。」と言った。

武内宿禰が神の名を問うと、神は、、、

「これは天照大神の御心。吾は底筒之男・中筒之男・表筒之男の三神である。真にあの国を求めんとするならば、天地の神、山の神、海河の神たちに悉く幣帛を奉り・・・・・大海を渡るがよかろう。」

このように「お腹の御子」は生まれる前から「天皇となるべき御子」と神からのお墨付きをもらった子である。

胎中天皇(はらのうちにましますすめらみこと)とも称されるその天皇は、15代応神天皇

当時の天皇は、成人の暁に指名されるもの。だから、皇位継承争いが絶えなかったのだが。。。

この天皇は、どうも特別扱いの天皇で、天照大神と並んで「皇祖神」でもある。

 

記紀には書かれていないが、住吉大社の伝えによると、神功皇后は住吉三神と男女の仲だったという。わざわざそれを伝承するということは、、腹の子は神の子だと伝えたかったということか。

ここからは私見です・・・

しかし、現実的にかつ状況から判断すると「住吉三神と男女の仲」というのは、「武内宿禰と男女の仲」と読みかえることができると思う。

仲哀天皇はこの不倫関係にあった二人に暗殺されたかも。あるいは仲哀天皇=武内宿禰だったのかも。

いずれにしても、応神天皇は蘇我氏の祖先の武内宿禰の子なのだということを暗に伝えたかったのだろうか。

というのは、飛躍しすぎかな。。。

住吉三神を祀る神社

当ブログ内で、住吉三神を祀る神社は、、、

住吉大社(大阪市住吉区)

全国の住吉神社の総本宮とされ、神功皇后も合わせて合計4つの本殿が綺麗に配列された、実に美しい神社である。

住吉神社(福岡県福岡市博多区)

img_20160928_140030_r

参道の始まりにはイザナギ命が身禊を行った阿波岐原だと伝わる「天竜池」があり、住吉神社発祥の地と称する神社。