石切劔箭神社|大阪|ほんとうに効果があった!がん封じ・病気平癒のパワースポット!木積家伝法の加持が神秘的!

2019年6月15日

大阪府東大阪市、生駒山頂の西の麓に鎮座する「石切劔箭神社」

一般的には「石切神社」と呼ばれ、さらには、大阪の人々は親しみを込めて「石切さん」と呼ぶ。

石切りさんは「でんぼの神様」として知られ、現在はでんぼ(出来もの・腫れもの)が転じてガン封じの神様」として崇敬されており、いつも賑やかな神社である。

近鉄奈良線の石切駅から山側に登ると奥の院たる「上之宮」が鎮座し、下に降りると「本宮」がある。

この石切駅から本宮までの参道は、ちょっとカオスな雰囲気の「占いロード」となっているので是非散策頂きたい。

▼こちらの記事の冒頭に「占いロード」が紹介されているので、のちほどお読み頂ければと思う。▼

スポンサーリンク

石切劔箭神社について

石切劔箭神社の創建

創建は不詳だが社伝によると、、、

「皇紀2年、可美真手命が饒速日尊を生駒山中の宮山に祀ったのが起源。その後、崇神天皇の頃に本宮が造営された」と伝わる。

その祭祀は物部氏の本流であるところの穂積氏(現:木積氏)によって代々受け継がれ、今日に至る。

石切劔箭神社の主祭神

上之宮・本宮とも、主祭神は同じである。

饒速日尊(にぎはやひのみこと)

物部氏・穂積氏の祖神。一説には海部氏・尾張氏の祖神でもあると言われている。

十種神宝(とくさのかんだから)を携えて、天の磐船で河内国に降臨した天孫で、初代天皇・神武が大和入りする以前に大和に君臨していた大王という説もある。

その十種神宝は、重篤な病を治し、死者を蘇らせるほどの強大な霊力を持っていたと言われている。

可美真手命(うましまでのみこと)

物部氏・穂積氏の始祖饒速日尊が大和入りする際に娶った三炊屋姫命との間に生まれた御子。

神武天皇に「十種神宝」を献上し、その後天皇のための祭祀を任された。また王城の警護の任にもあたった。

これら祭祀と軍事を手中に収めることになった物部氏は強大な氏族に発展していくことになる。したたかさがうかがえる。

ご利益は、ガン封じ・病気平癒

石切神社のご利益は、「十種神宝」にあやかって病気平癒である。特に、ガン治癒を祈願する人々の崇拝を受けている。

というのも、大阪では昔から「石切さんは、でんぼの神様」と言われてきた。「でんぼ」とは、関西弁で「腫物」のことである。現在では「腫物」が転じて「ガン封じの神様」となっている

では,何故「でんぼ」の神様と言われるようになったのだろか。

それは、木積家に伝わる禁厭の秘法すなわち「伝法」(でんぽう)に由来するという。

石切神社名物 お百度参り

P1020785_R

本宮に初めて訪れた人が、まずは驚くのは、お百度参りの光景だろう。

お百度石が設置されている神社は多いが、実際にお百度を踏んでいる人を見ることは無かろうと思う。

しかし、石切りさん詣りは、お百度が必須なのである。

この画像は平日の午前中なのだが、10人程度。土日ともなれば、50人を超える人々がお百度詣りをしている。

その効果のほどは、、、

かくいう私も、4回ほどお百度を踏んだ。2回は仕事上の問題を解決したかった時、もう2回は父親の膵臓ガン母親の乳ガンの手術前だ。

結果は?というと、仕事上の問題は解決母親の乳ガン・父親の膵臓ガンの手術も成功!

特に膵臓ガンは悲観的な状況であったのだが。。。手術から10年。両親とも元気である。むしろ前より元気になった感がある。

石切りさんのご利益であると信じている。感謝の言葉もない。

そして、前述した「上之宮」でも合わせてお百度詣でを行っていただくことを推奨する。私達はそうしたのだから。

 

スポンサーリンク

大阪の癌封じ 石切劔箭神社 参拝記録

石切神社本宮には、南北二つの駐車場がある。北は道路幅が狭いため、初めて訪れる際は南駐車場をお勧めする。

こちらは、駐車料金が必要なのでご承知おき頂きたい。普通の参拝であれば、およそ300円ぐらいですむ。綺麗なトイレや休憩所が完備されているので、まずはトイレ休憩。喫煙場所もある。

絵馬殿

P1020783

駐車場から本殿へ向かう道に、大きな「絵馬殿」がそびえ立つ。

屋根には、天に向かってそびえる剣と矢のモニュメント。石切神社を象徴している。

そして、絵馬殿の左右に「饒速日尊像」「可美真手命像」が安置されている。

主祭神の像とは、いかがなものか。私は神道は偶像崇拝しないものと思い込んでいたので。。。

 

拝殿・本殿

P1020786

絵馬殿をくぐって、鳥居から本殿へ。本社前にお百度石が15m程度の距離で2個設置されている。

いつもの通り、お賽銭を入れて鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼、天津祝詞奏上(小声で3回)、感謝と祈願、一礼

摂末社

摂社:神武社、水神社

※この画像は、水神社である。

水神社

「神武社」は、神武東征の神話に「磐余彦尊(後の神武)」が、この地で巨大な石を蹴り上げて東征の成否を占った、、、というくだりがあって、それにちなんで神武天皇をお祀りしているとのこと。

その向かい側の小さな池に浮かぶのは「水神社」岡象女神天水分神を祀っている。雨乞い、晴れ乞いの神様である。

私の子供の頃は、この池に沢山の亀がいた。亀の甲羅に名前を書いてこの池に放つと願いが叶うといわれていたらしい。

かわいい 祈り亀

P1020787

石造りの祠の前に小さな池?プール?が設えられていて、その水の中にピンク色の小さな亀が並べられている。

このピンクの亀は「祈り亀」。お腹の部分が空洞になっている。そこに願いを書いた祈願書を入れて、プールに置くのである。なかなかに可愛いのだ。

先ほどの「甲羅に名前を書いて、、、」のかわりに考案されたのでろう。

願いが叶うと、上之社にある「お礼池」に、新たに購入した亀「お礼亀」を置く。お礼参りである。

なかなか、大阪らしい「商魂」である。

摂社: 穂積神霊社

かわいい亀さんの奥の赤い鳥居をくぐって進むと、「穂積神霊社」がある。

穂積氏とは、饒速日尊の後裔で物部氏の中でも格の高い一族のひとつと言われている

崇神天皇の頃に、祖神である饒速日尊と可美真手命を、ここに祀ったのが穂積氏。以降、代々、一切の祭祀を取り仕切ってきた。

穂積氏のエピソード

日本書紀が編纂された頃の穂積氏の当主は、物部の誇りを胸に気概性のある人物だったらしい。

かつて穂積氏出身の弟橘姫命という姫がいた。古事記では「日本武尊の妻」と記述されていたのだが、あろうことか日本書紀では「日本武尊の妾」に貶められていた。おそらくは藤原不比等の仕業であろう。

穂積の翁は激怒。物部の誇りを胸に、一命を賭して天皇にクレームをつけたという。。。

神前の石

さて、この神前に丸こい石が3個並べられている。この石が何なのか、中央の石には「九頭神」と書かれているが、説明書きがないので、よくわからない。

皆さん一様に、撫でたり持ち上げたりしたあと、首をかしげている。全員が、よくわからないのだ。

ご利益は、病魔災難除け、学問向上とされている。

加持・祈祷

交通安全・七五三・厄払い・心願成就・地鎮祭や棟上など様々なお願い事を、神社やお寺で行ってもらう「ご祈祷」は、皆さんおなじみだと思う。

では、「加持」となると、どうだろうか。

石切神社では、木積家に伝わる秘法(すなわち伝法)「加持」を行ってもらえるのだ。これこそが、石切神社参拝の醍醐味といっても過言ではなかろう。

手順は、、、

加持の手順
  1. 崇敬会館で「御加持」と「ご祈祷」を申し込む申し込み書を頂く。
  2. 「祈祷殿」に入り、受付で祈願する内容を確認していただく。
  3. 横並びの椅子に座って順番を待つ。
  4. 一人ずつ小部屋に入っていく。少しずつ横にずれていく。(ラーメン屋の順番待ち風)
  5. 自分の番がくる。
  6. 小部屋に通される。
  7. 薄暗い。蝋燭が2本ゆらめいている。神秘的かつ幻想的である。少しく緊張する。
  8. そこに椅子が置かれてあり、座るよう促される。
  9. 正面、一段高い場所に、装束を纏った神職さんが座っておられる。
  10. なにやら呪文を唱えながら手印を結び、手刀を切る。
  11. 私を指差しながら呪文。白い布に向かって同じように呪文を唱えながら手刀を切る。
  12. 最後に、この白い布とお守りを頂き、渡り廊下通って拝殿にあがる。
  13. 何人かまとめて、ご祈祷頂く。

本当に、神秘的かつ幻想的である。物部神道の神髄だろう。

先にも述べたが、先代旧事本紀によると、

饒速日尊は河内国の哮ヶ峰に降臨されたとき、「十種神宝」を携えていたという。この十種神宝とは、死者をも蘇らせることができる霊力を持つとされ、石上神宮の主祭神となっている。

これが饒速日尊から可美真手命に受け継がれ、物部氏発展の基礎となった。

言い換えれば「呪術」は物部氏のお家芸であり、その呪術が木積家によって代々受け継がれ、現在の「加持」につながるわけだ。

石切神社に参拝のおりには、一度、この「お加持」を体験していただきたい。強くお勧めする。

最後に

いろんなブログにも書かれているが、河内に鎮座する、三種神器の「剣」・「勾玉」・「鏡」を冠する神社、すなわち、ここ「石切劔箭神社」・八尾の「玉祖神社」・東大阪の「若江鏡神社」を結ぶと、ほぼほぼ正三角形になる。

まあ、あまたある神社であるからして、適当に神社を選んだら正三角形になったり、レイラインなるものが描けたりするわけだが、その3社の名称に明確な関連性があるとなると、少し興味がわくところである。

主祭神は、それぞれ違うようである。しかし、1,000年も1500年もの歴史をもつ神社であるら、その歴史の流れの中で、主祭神が変更されり隠されたりした可能性もあるだろう。

「一聞は一見にしかず」である。実際に訪れて、何かを感じ取って頂きたい、と思う次第である。

石切劔箭神社 概要

  • 所在地    大阪府東大阪市東石切町1丁目1−1
  • 電話番号   072-982-3621
  • 主祭神    饒速日尊 可美真手命
  • 創立年    崇神天皇の御代
  • 社格     式内小社、村社
  • 公式HP   http://www.ishikiri.or.jp/

石切劔箭神社 アクセス

MAP

大阪府東大阪市東石切町1丁目1−1

最寄り駅

  • 近鉄奈良線「石切駅」徒歩15分
  • 近鉄けいはんな線「新石切駅」徒歩10分

奈良線石切駅から坂道を降りる参道をお勧めしたい!

駐車場

  • あり(有料)