日前神宮・國懸神宮|伊勢と並び称される日前宮。ご利益は『良縁・結婚』。

2018年2月16日

スポンサーリンク

日前神宮・國懸神宮(ひのくまじんぐう・くにかかすじんぐう)の概要

紀ノ國一之宮の日前神宮・國懸神宮は、和歌山市の東部、秋月にある大社です。

ここは、一つの境内に二つの本社が、同列で配置されている珍しい神社です。この二社を合わせて、日前宮(にちぜんぐう)と呼ばれます。

主祭神は、日前大神と國懸大神。

ご神徳は、人々に活力を与え、良縁を結び、結婚の徳を授け、家内安全を約束していただける、とのこと。

もともとは、和歌山市と海南市の境目あたりの毛見郡に創建されました。その後、少し北上して紀三井寺近くの浜の宮へ遷座。さらに北上して、紀の川流域の穀倉地帯が広がる(広がっていたであろう)現在地に遷座しました。

現在地には、日前宮が遷座されるまでは、一説には須佐之男尊の御子とされ、紀ノ國紀氏の始祖とも言われる五十猛命(いたける・いそたける)を祀る伊太祈曽神社(いたきそじんじゃ)がありましたが、乗っ取られた紀氏により追い出されるような格好で、奥地へ移設されたようです。

国津神から天津神への国譲り、言い換えると天皇家による古代豪族の懐柔の様子が、日前宮伊太祈曽神社の関係に現れているようで興味深いですね。

ちなみに、伊太祈曽神社も紀ノ國一之宮とされています。さらには、神武東征の時に長髄彦との戦で負傷し和歌山で亡くなったとされる、神武の兄である彦五瀬命をお祀りしている竈山神社(かまやまじんじゃ)の合わせて3社をお詣りする「三社詣り」が和歌山市民の初詣の定番とされているようですよ。

スポンサーリンク

参拝記録

阪和道の和歌山インターを出て和歌山市内に向かって走行すると、左側にこんもりとした鎮守の森が見えてきます。日前宮です。ぐるっと回り込んで、不二家のケーキ屋さんのある信号を左折して駐車場に入ります。ちょっとわかりにくいです。で、参拝者は駐車料無料!うれしいです。

img_20160402_141345_r

一の鳥居をくぐると、左に神楽殿、右に社務所があります。社務所で御朱印帳を渡しておいて、いざ参拝です。

二の鳥居の奥の奥にパワースポット?

IMG_20160402_141639_R二の鳥居をくぐると、ぐっと神域感が出てきます。清涼な気が流れているように感じます。心が落ち着きます。

前方に目をやると、森へと入る参道が伸びています。鳥居周辺が明るいため、参道奥は薄暗く見えて、これがまた神秘的な印象を与えてくれます。

突き当りに、看板があります。左:日前神宮、右:国懸神宮です。

と、このあたり、なにやら強い神気を感じます
そのパワーは、参道の突き当りのさらに奥からのようです。すると、森の中に大きな灯篭が二基並んでいるではありませんか!

ここ、写真を撮ったつもりだったんですが、見当たらず。。。

かつて、そこに何かがあったと思わせるような佇まいです。なんでしょうか。ここがすごく気になりました。

かつてはそこに、五十猛命がまつられていたんじゃないかな~と思ったりしました。

後に調べますと、やはりです。江戸時代の境内絵図によると、五十猛命とその妹たち2柱の、合わせて3つの社があったようです

そっくりそのまま、伊太祈曽神社のご祭神ですね。

末社:腫物封じのパワースポット深草神社

IMG_20160402_142035_Rさて、何とはなしに日前神宮から参拝することにしましょう。左に進むと、何やらそそられる末社があります。立て札に深草神社」とあります。

牛の置物が東向きに並べられています。

牛から連想すると一般的には、牛頭天王(須佐之男尊)か菅原道真公を思い浮かべることになるんですが、こちらの祭神は、野槌神(のづち)とのことです。

またの名を鹿屋野比売神(かやのひめ)。伊弉諾尊と伊弉冉尊の御子で、大山津見神の奥さん。鹿屋=萱で、「野草の神」

なぜ牛なのか?といいますと、、、古来から牛は神様の使い(インドが発祥?)、野槌神は野草の神、神聖なる神の使いの牛が草を食んでくれる=クサ(腫物)を食んでくれる、すなわち腫物封じのご利益あり!ということになるようです。皮膚病、アトピー性皮膚炎などにご利益があるかも。

拡大解釈すると、腫物=腫瘍=ガンとも言えますね。ガン封じのご神徳があるかもしれません。

摂社:中言神社

nohokumaその向かい側に、中言神社があります。中言神社には、和歌山の古代豪族である名草姫と名草彦をお祀りしています。

日本書紀では、神武東征のとき河内国で長髄彦の軍勢に追い返された神武一行は和歌山に上陸し、その地の名草という女賊を誅したと書かれています。

その名草氏を祀る神社が、伊勢神宮と並ぶくらいの社格である日前宮に存在していることに違和感を覚えました。

しかしですよ。神武一行は、名草氏を滅ぼして北紀を掌握したのなら、何故わざわざ熊野まで迂回したんでしょうかね。紀ノ川沿いに橋本、五條、御所と進軍した方がはるかに近道で楽な行程だったはずでしょ。

和歌山の口伝えの伝承では、「名草は負けなかった。神武軍を追い払った。」とされています。だから、さらに南下して熊野から大和入りしたんじゃないでしょうか。

その後、神武が中央を抑えたのち、天道根命が名草氏に婿入り。裏切りによって乗っ取り、紀ノ國を手中に治め、初代の国造となった。これが、現在まで80代以上続く名門、紀氏の始まり。

なんていう、妄想しました。

本殿:学業向上のパワースポット 日前神宮

img_20160402_142209_r
さて、中言神社、深草神社などを左右に見ながら進むと、突き当りに日前神宮があります。

日前神宮の主祭神は、日前大神。相殿神として、思兼命(おもいかね)と石凝姥命(いしこりどめ)をお祀りして國懸神宮います。

日前大神は、天照大神の前霊とも言われています。
思兼命は、天の岩戸事件の解決策を考えたり、国譲りの作戦を考えたり。高天原の名参謀ですね。
石凝姥命は、天の岩戸事件で使用した八咫鏡を造った神です。

ご神体は、日像鏡。この鏡は、かの八咫鏡に先立って石凝姥命により鋳造されたものとされています。

前述の、ご神徳は、人々に活力を与え、良縁を結び、結婚の徳を授け、家内安全を約束していただける、他、

思兼命の知恵にあやかって、学業向上にご利益があるとのことです。

しかし、あまり神気やパワーを感じ取ることができませんでした。。。

本殿:癒しのパワースポット 国懸神宮

IMG_20160402_143348_R戻って、天道根神社の前を通って、国懸神宮へ。

國懸神宮の主祭神は、國懸大神。相殿神として、玉祖命(たまのおや)と明立天御影命(あけたつあめのみかげ)そして鈿女命(うずめ)をお祀りしています。

國懸大神は、よくわかりません。私は、紀ノ國に坐ます大神(国津神)で、初代は五十猛命だったのではないか?と思ってます。
玉祖命は、天の岩戸事件のとき八尺瓊勾玉を造った神でしたよね。
明立天御影命は、よくわかりません。

鈿女命は、天の岩戸事件で半裸で踊って盛り上げた、かの有名なアメノウズメ命です。

ご神体は、日矛鏡。この鏡も、八咫鏡に先立って石凝姥命により鋳造されたものとされていて、八咫鏡と同格とされています。こちらは、なんとも重厚で穏やかな癒しのパワーを感じます。

と、鳥居横の木に注目!!なんじゃこれ?

IMG_20160402_143451_R国懸神宮の向かって左前の木が、妙にフサフサと毛が生えているように見えるので、よ~く観察しますと、、、

苔むした幹からシダでしょうか、根元から枝の先までびっしりと。すね毛にも見える

植物の生命力を感じますね。

日矛鏡の「矛」や、こういう樹木からも、木の神であり軍神でもあった、五十猛命を連想してしまします。

IMG_20160402_143508_R

その他の末社群

日前神宮の前方の参道や、国懸神宮の前方の参道には、両側に沢山の末社が立ち並んでいたようです。今では、社が崩れたり、土台しかないものが多く、お世辞にも管理されているように見えません。ここだけ見たら、はっきり言って荒廃しています。

境内全体的には、いい雰囲気を持っているのに、本当にもったいないです。これも神社の財政難の現れなんでしょうか。。。

日前・国懸神宮を参拝して思うこと

その成り立ちはともかくとして、ここ日前宮は紀伊半島を横切る中央構造線の西の端、かたや東の端には伊勢の神宮が鎮座されています。そしてその真ん中に、両神宮が建立された時代の都、藤原京がある。(若干ずれてますが)

日前・国懸神宮は、官位を受けていない神社で、これは伊勢の神宮とここだけ。それは官位を与える側だから。つまり皇室そのものとも言えます。

そして、伊勢には内宮と外宮。こちらは、日前神宮と国懸神宮。

伊勢の神宮と日前宮は、対になっているように思えますね。

このようなことから、この伊勢・日前の両神宮は、大和の地を、というか大和朝廷を、災害から守るために建てられたと言ってしまうのは言い過ぎでしょうか。

先日の、熊本大地震によって阿蘇神社が倒壊してしまいました。こちらも中央構造線上にある神社です。その他にも、諏訪大社や鹿島神宮、豊川稲荷など、中央構造線上には多くの由緒ある神社が存在します。

古代はもっと活発に断層が動いていて、巨大地震が頻発していたのではないでしょうか。そこで、その場所に神様の依り代を設置し、地震を鎮める祭祀を行ってきたんじゃないかな~と思います。

最後になりましたが、熊本地震で亡くなられた方々のご冥福と、被災された方々のお見舞いを申し上げて、レポートを終了させていただきます。

  • 所在地  和歌山県和歌山市秋月365
  • 電話番号  073-473-3730
  • 最寄り駅 和歌山電鉄 貴志川線 日前宮駅 下車徒歩1分
  • 駐車場  100台 参拝者無料
  • 主祭神  日前大神 国懸大神
  • 創建年  神武天皇7年(伝)
  • 社格   式内社(名大社) 紀ノ國一之宮 旧官幣大社
  • ご利益  縁結び 学業向上 病気平癒
  • 公式HP   http://hinokuma-jingu.com/