大神神社|奈良|三輪山が御神体!霊能者がパワーを充電するために訪れるという日本屈指のパワースポットだ!

2018年7月26日

スポンサーリンク

大神神社 概要 三輪

奈良県桜井市。長らく禁足地であった聖地「三輪山」のふもとに、まさにどっしりと構える大神神社。式内社の名神大社であり、平安時代には二十二社の中七社に選定された、由緒ある極めて霊験あらたかな古社中の古社であり、全国屈指のパワースポットである。

その強力なパワーを頂くことによって自らの能力を高めたいと願う霊能者の参拝が絶えないと聞く。

大神神社とその周辺には、パワースポットが多数点在するのだが、中でも強のパワースポットが、三輪山の頂上にある磐座だといわれている。かつては禁足地であった三輪山で起こる不思議な出来事は枚挙にいとまがない。

そして三輪山には、神様に呼ばれないと行くことができないと言われている。現に、私はまだ入山したことがない。行こうと思っても天候が悪くなったり、足をくじいたり、膝が痛くなったりと、行けない理由が発生するのである。これすなわち、呼ばれていないのであろう。

しかし悲観することはない。ここ大神神社本宮、狭井神社、久延彦神社、檜原神社など、三輪山を遥拝するスポットが多くあり、それぞれに神々が鎮座している。十分に三輪のパワーを頂くことが出来よう。

大神神社の祭神 三輪

主祭神は大物主大神。配神に大己貴神(大国主神)少彦名神を祀る。古事記や日本書紀によると、大国主命に少彦名神と大物主神が力を貸したという関係にあるとしており、さらに大物主神は大国主命の幸御魂・奇御魂であるとされている。

大国主が国造り物語の主人公で、少彦名神が協力者。国造りの道半ばで少彦名神が常世国に隠れてしまった。大国主は困り果てた。そこに登場するのが大物主の大神様海を照らしてやってきた。そして自分を東の山に祀れば国造りを成功に導いてあげようとおっしゃった。

その東の山というのが三諸山。今の三輪山とされている。

記紀の上で、「神を祀る」という行為についての記述の最初であるからして、日本最古の神社といわれるわけだ。次に祀られるのが「大国主命」。現在の出雲大社である。

大神神社のご神体は、大物主大神が鎮まる三輪山そのものである。従って本殿は無い。現在は拝殿が建造されているが、それも江戸時代のこと。1000年以上もの間、拝殿すら持たない神社であった。山中の磐座を依代として神に降りてきていただき祀るという原始的な形態を江戸時代まで継承していたと言える。

そもそも、神様は山にある巨石(磐座)や高い木(御神木)に降臨するが、普段は山の頂上におられる。高いところから民を見おろしていたということか。祭祀は山を登ってその磐座で行われていた。

時が移り、その山から気が流れ下りてくる場所、吹き出す場所(龍穴)を探り、そこに拝殿を設けた。これが、里山における神社の起こりである。その後、秦氏によって神社の形態は変えられていくのだが、それは、また後日。

くれぐれも失礼のないよう参拝して頂きたいと思う。

スポンサーリンク

大神神社パワースポット 参拝記録

一の鳥居と大鳥居 三輪

1torii-front大神神社といえば大鳥居。よくパンフレットに使われる「黒いドデカイ鳥居と日の出の図」は一の鳥居ではないのである。

あまり知られていないが、一の鳥居は、大鳥居から大神神社へ続く参道の、一本南の道にある。正確に言うとその道からも少し斜め北に入るのだが。

やはり、参拝は一の鳥居をくぐっていきたいものである。従って、車で来られる場合は大鳥居の足元にある駐車場に止めて、一の鳥居まわりで参拝することをおすすめする。

癒しのパワースポット 「森の参道」 三輪

大神神社 三輪明神

これが二の鳥居である。なかなか重厚である。さて二の鳥居をくぐろうではないか。鳥居で一礼をする。

必ず一礼をして頂きたい。そして鳥居の隅から入る。決して参道の真ん中を通るなかれ。
これは作法である。異議を唱える余地はない。

大神神社では、ほとんどの参拝者が一礼をしている。先日、明治神宮を参拝したが、ほとんどの人が一礼をしないのを見て愕然としたものだ。私見だが、西の民族の方が神社参拝の作法については成熟していると思う。まあ、そんな話はどうでもよい。

さあ、ここからいよいよ神域的な雰囲気が出てくるわけである。神域入ると、ガラッと空気が変わる。ひんやりとした冷気につつまれる。

まずは緊張感が。いい意味の緊張感である。しばらく歩くと、今度は心が落ち着いてくる。さらに歩を進めるにつれて、リラックスしていくのがわかる。

大神神社の本社の中では、ここが最も癒しパワーが強い場所のように感じる。

浄化のパワースポット 「祓戸社」 三輪

祓戸社
祓戸社

森の参道の最終地点付近。まずは、祓戸社」に参拝しよう。祓戸大神四柱をお祀りしている。

祓戸四神

伊弉諾尊が「筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原」で禊祓をした時に生まれた祓戸大神の中の4柱である。大祓詞などで「・・・祓戸の大神たち 諸々の禍事・罪・穢れを祓ひ給へ清め給へとまおすことの由を・・・」と奏上するのである。

  • 瀬織津比売(せおりつひめ)・・・ 諸々の禍事・罪・穢れを川から海へ流す
  • 速開都比売(はやあきつひめ) ・・・海の底で待ち構えていて諸々の禍事・罪・穢れを飲み込む
  • 気吹戸主(いぶきどぬし) ・・・諸々の禍事・罪・穢れを飲み込んだのを確認して根の国・底の国に息吹を放つ
  • 速佐須良比売(はやさすらひめ) ・・・根の国・底の国に持ち込まれた諸々の禍事・罪・穢れをさすらって失う

というように、役割が明確に分担されているのである。

こちらで、諸々の罪や穢れを祓い清めて頂いてから、やっと大物主大神の前に立てるというわけである。であるからして、必ずこちらに参拝してから拝殿へとお進みいただくことを強くお勧めする次第である。

ここに立つと脱力感というか、いや、リセットされる感じと言った方がいいか。浄化のパワースポットである。

縁結びのパワースポット 「夫婦岩」 三輪

meotoそのとなりには、「夫婦岩」。二つの石が寄り添うように並んでいる。撮影の腕前が下手クソで申し訳ない。磐座が写っていないではないか!

夫婦円満、恋愛成就、縁結びのパワースポットである。

カップル、夫婦だけでなく、若い女性だけのグループも参拝されている。行列が出来ていることもしばしば。

ちなみに、私は、いつも奥さんに「一緒に手を合わせよう」と誘うのだが。拒否られる。なぜ?

「手水舎」 三輪

IMG_20151222_140638森の参道の終点、石段下に手水舎があるのだが、ここの手水舎はほかの神社のものとは少し違う。水口に注目して頂きたい。

こちらの水口は「蛇」である。三本杉の神紋が書かれた酒樽の上で如意宝珠に巻き付いている。

普通は「龍」であろう。これは水を司る「龍神」のイメージしてのことだろう。春日大社や枚岡神社は「鹿」で、住吉大社や宇治神社は「兎」、護王神社は「猪」というように、神様のお使いを水口に使うことが多い。

となると、三輪の大物主大神の使い「眷属」は「蛇」なのか?

実は記紀によると、大物主大神そのものが「蛇神」であるのだ。
また、酒造りの神様でもあるという逸話に因み「酒樽」の上にとぐろを巻いているのだ。

強力な癒しのパワースポット 「拝殿」 三輪

IMG_20151222_140918圧倒的な存在感を示す拝殿である。ドッシリとした佇まいは、冷静沈着、動かざること山の如しである。

ここ大神神社には、全国から”霊能者”と言われる人々がたくさん来られると申し上げたが。この日も、拝殿前でブツブツと神様と会話している女性がおられた。何をしゃべっているのか?それが気になってしまい、参拝どころの話ではなくなってしまったのである。まだまだ修行が足りんということであろう。

拝殿の奥には、有名な「三ツ鳥居」がある。拝殿の外からは見えない。

三ツ鳥居は、三輪山から流れる気の出口である龍穴の前に立てられいて、ご神体の三輪山と拝殿との境界線(結界)になる。
中央には扉があり、普通の神社で言うところの、本殿の扉の役割を果たしている。

▼こちらは、檜原神社の三ツ鳥居である。お間違いの無いように。

「巳の神杉」

拝殿に向かって右前に「巳の神杉」がある。

巳さんの好物である卵とお酒をお供えするのが慣わしとなおり、この日もたくさん供えられていた。

※ ここに巳の神杉の画像を掲載してましたが、訳あって削除しました。申し訳ございません。

参道にある、今西酒造参道店で、お酒(三諸杉180m)1本と生卵1個をお神酒セットとして販売されているので、お買い求めいただければと思う。

さらに、もうひとつ。

運気上昇のパワースポット「なで兎」

usagi拝殿に向かって左側の参集殿入り口にある「なで兎」

なでると運気がアップするとか。また、体の具合の悪いところをなでると、具合が良くなるとか。

なでられてツッツルのピッカピカである。

では、なぜ兎?大物主大神は大国主神の幸御魂・奇御魂とされているが。。。大国主と言えば、因幡の白兎。ということか。

 

拝殿前で感じる”気”は、二の鳥居からの道と同じで、落ち着く感じ。温和でどちらかというと女性的な、もっと言うと母親的な強力な癒しのパワースポットといえよう。

次は、「久すり道」がら摂社「狭井神社」に向かおうと思う。

 

大神神社に参拝するたびに思うことであるが、大物主大神様って、いったいどんな人?だったんだろうと思うのである。人かどかもわからないのだが。。。

日本建国の黎明期に活躍した人の中の一人なのか、大和朝廷によって滅ぼされた(あるいは、大和の地を追われた)ある先住氏族の王なのか、その氏族の象徴なのか。オフィシャルには大国主命に和魂とされているが、もうひとつ説得力に欠けるのである、、、

この手の話には諸説あり、歴史学者でもない私が口を挟む余地は無いのであるが、日本は言論の自由が約束された国であるからして、別の機会に神様紹介記事にして私見を述べさせてもらうこととする。

ただ、一つ言えることは、本来は、癒しとか、浄化とかといった場所ではなかったであろうということである。口惜しさ、憤り、悲観。そして怨念。いわば、怨霊を封じ込めた場所。それが、長い長い時を経て、篤く祀り続ける中で祟り神は昇華されていって守護神となり、今の三輪さんになったんだろうと考えるのである。

だから、本当は怖い場所なんだと思って、くれぐれも失礼ないよう参拝して欲しいと思う。

  • 所在地    奈良県桜井市三輪1422
  • 電話番号   0744-42-6633
  • 最寄り駅   JR桜井線 三輪駅
  • 駐車場    あり
  • 主祭神    大物主大神 配神:大己貴神、少彦名神
  • 創建年    不明
  • 社格     大和国一の宮、式内社(名神大社)、二十二社(中7社)、旧官幣大社、別表神社
  • ご利益    産業開発、酒造り、病気平癒、無病息災、縁結び、方除、交通安全など、人間生活全般
  • 公式HP   http://oomiwa.or.jp/
  •  

摂社の記事は、コチラ!

 狭井神社|大神神社摂社|参道の”久すり道”は女子力アップのパワーロード!美容と健康・若返りのパワースポットだ!

 久延彦神社|大神神社摂社|木彫りのふくろうが可愛いすぎる!太古の昔から崇拝されている知恵の神様だ!

 若宮神社|大神神社摂社|磐座に祈る「御誕生所社」は安産のパワースポットである!

 檜原神社|三輪山を遥拝する元伊勢とも呼ばれる神社。三輪の大物主大神と檜原の天照大神の関係は?

山の辺の道にある、あわせて参拝していただきたい神社の記事は、コチラ!

 石上神宮|十種神宝パワーで起死回生!造化の神々が降臨する天神社でさらにパワーアップ!

 大和神社 日本国土の守護神!摂社:高龗神社のパワーが凄い!

私が最強にパワーを感じた、奈良の神社は、コチラ!ちょっと行きにくいけど、おすすめです!

 矢田坐久志玉比古神社|石上神宮にも匹敵する、超強烈な浄化パワーと真実の癒しを体験! 

スポンサーリンク