狭井神社|大神神社摂社|美容と健康・若返りのパワースポットだ!

2019年6月7日

IMG_20151222_134524_R

狭井神社は、大神神社本殿から「くすり道」を通って北へ400mほどのところに鎮座する。現在は大神神社の摂社である。

狭井神社の正式名称は「狭井坐大神荒魂(さいにいますおおみわあらみたま)神社」。また、「華鎮祭」が行われるため、通称「華鎮社」ともいわれている。

「華鎮祭」は、疫病を鎮めるための祭春の花粉が飛散する季節に疫病神も飛散して病気が流行するとし、毎年4月18日に行われる。

またここには、万病に効くという「薬水」、長らく禁足地とされてきた神の山「三輪山」への登山口もあり、常に賑わいを見せている。

大神神社から、狭井神社までの参道には、いくつかの見どころがある。是非ゆっくりと散策して頂きたい。

スポンサーリンク

狭井神社について

狭井神社の祭神

主祭神は、大神荒魂神。すなわち大物主大神の荒魂。

配神に、大物主大神、媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)、勢夜多々良姫命(せやたたらひめのみこと)、事代主神(ことしろぬしのかみ)が祀られている。

媛蹈鞴五十鈴姫命

大物主大神の娘神で、初代神武天皇の妃となった女神。

勢夜多々良姫命

古事記では大物主大神の妃。しかし日本書紀では事代主命の妃。ややこしい。

狭井神社の創建

伝承では、11代垂仁天皇の御代に、疫病を鎮めるために創建されたとされる。かなりの古社と言えよう。西暦200年代だろうか。

狭井川の畔にあり、境内には神水がこんこんと湧く。古くは水を司る神が祀られていたとも言われている。

それは、現在は「大和神社」の境内社となっている、水を司る龍神を祀る「高龗神社」例祭の大行列の先頭を丹生川上神社が、最後尾を狭井神社が担っていたという記録があるからだ。

狭井神社のご利益

やっぱり、疫病を退治なさった神様なので、病気平癒が一番なのだが、私的には、一押しの若返りのパワースポットと申し上げたい。

スポンサーリンク

久すり道

大神神社の本社から狭井神社に通じる道は、両側に薬草や薬木が植えられていて、久すり道(くすりみち)と名付けられている。

それぞれの薬草に名前と効能が書かれた札がつけられているのでわかりやすい。ゆっくり歩かれることをお勧めする。

さて、この道は「美容と健康・病気平癒のパワーロード」とでも言おうか。

  • 薬の神様「少彦名命」を祀る「磐座神社」
  • 酒は百薬の長「酒造の神様」の「活日社」
  • 芸能・美容の神としても名高い「市杵嶋姫神社」

などがある。それぞれご紹介していこうと思う。

磐座神社

磐座神社
磐座神社

久すり道の途中の山側に、小さな「磐座神社」がある。

その名の通り磐座をご神体として、社のない原始的な、まさに「祭祀場」である。

これが神社の元の姿なのだろう。必見である。

祀られているのは「少彦名神」

 

この神様は、手のひらに乗るぐらいの小さな神様で、大国主神の相棒として国造りに貢献した神様。

国造りの途中で隠れてしまわれ、大国主命は大いに困る。しかし、そのおかげで?大物主大神が登場するという流れになるのだ。。。

活日社

久すり道から斜めに本社に戻る方向にそれ坂道を上ると、我らが酒造りの神様「活日社」が鎮座する。なぜ、「我らの」なのかというと、私はお酒の業界人だからだ。

こちらには、高橋活日命が祀られている。最近、新装されたようで、とても綺麗だ。

崇神天皇の代に、疫病が大流行。このとき、大物主大神が現れて崇神天皇に言う。「もっとちゃんとワシを祀れ!不義理者めが!祀れば、この疫病を鎮めてやろう!」的な感じである。

このときに、、神に捧げるお神酒を造るために崇神天皇から呼ばれたのが、酒造りの名人、高橋活日命。見事、一夜で芳醇な旨い酒を醸したといわれている。

これが、大神神社は酒造りの神様と言われている所以だ。

全国の酒蔵の軒先に、ぶらさがっている「杉玉」はご存じであろうか。あの「杉玉」は、ここ大神神社から全国に配布されているものなのである。100%そうかと言われると自信はない。

今でも、多くの杜氏さん(酒蔵でお酒を造る蔵人達の棟梁)が、酒造りの季節になると参拝に訪れ、酒造りの季節が終わると御礼の参拝をして、故郷に帰っていく。日本の文化である。

市杵嶋姫神社

久すり道に戻って、狭井神社に向かおう。

狭井神社の手前に、朱塗りの鳥居、朱塗りの欄干、朱塗りの社がひときわ目立つ「市杵嶋姫神社」があります。

こちらには、須佐之男大神と天照大神の誓約で生まれた三姉妹であるところの「宗像三女神」のお一人で、安芸の宮島、厳島神社の主祭神であられる市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)が祀られている。

本来は海や水を支配する神様とされているのだが、その美貌により仏教の弁才天様と習合して、芸能や美容や財宝の神様とされている。

若返りのパワースポット「狭井神社」

IMG_20151222_134524_R

いよいよ到着。狭井神社だ。

石段をあがると、正面に拝殿、右手に三輪山登山口、左手に社務所がある。

締め柱を通って、拝殿前に進もうではないか。

私は、摂社の中では、ここのパワーが一番強烈だと思う。

三輪山からの気の流れが、間違いなくここを通っている。流れというか、真上からドーンと落ちてくるような感じ。。

本社の気を、癒しパワーと表現したが、ここ狭井神社に流れる気は、一口で言うと「躍動感」であろう。

そう、若者のような生き生きとした躍動感。生命力に満ち溢れた若返りのパワースポットである。

病気平癒、薬がキーワードの神社であるが、平癒どころか元気百倍パワーが頂けそうだ

パワーウォーター ご神水

薬井戸

社の左裏には薬井戸がある。この水は三輪山からの湧水で、ご神水だ。

このご神水を飲むと、いろんな病気に効く。と言われている。

写真のように、球体に何本か蛇口がついていて、ボタンを押すとご神水が出てくる。なんか、スゴイ。。。というか、こんなんでいいの?という感じがしなくもない。

横手の紫外線殺菌機能のあるガラスケースの中にコップが用意されてる。なんかスゴイ。。。

お味は、まろやかで少し甘く感じられる。旨い水である。

水琴窟で癒されよう

suikinkutu_R薬井戸の近くに、ご神水を使った水琴窟がある。

水琴窟とは珍しい。

竹の切り口に耳を当てると、上品な水音が聞こえてくる。この音色を聴いて癒されない人はいないだろう。これは、一聴の価値あり!

ゆっくりしてると、後ろに行列が。。。ヒンシュクをかう。

最後に 三輪山登り口

miwatozanguti_R

永らく禁足地とされてきた三輪山だが、今は登山可能となっている。

三輪山に登るには、ここ狭井神社で受付をして許可を頂いてからでないと登ることが出来ない。

さらにいうと、三輪山は神様に呼ばれた人だけしか登れないという言い伝えがある。

かくいう私も実は呼ばれてないのだ。大神神社には年2回ぐらいのペースで参拝しているが、三輪山だけは、なぜか機会がない。

ご縁があったら登らせて頂こうと思う。レポートはまたそのときに。

狭井神社 概要

  • 所在地    奈良県桜井市狭井
  • 電話番号   0744-42-6633(大神神社)
  • 主祭神    大物主大神、媛蹈鞴五十鈴姫命、勢夜多々良姫命、事代主神
  • 創建年    不明
  • 社格     大神神社摂社
  • 公式HP   http://oomiwa.or.jp/

狭井神社 アクセス

MAP

最寄り駅

  • JR桜井線「三輪駅」徒歩10

駐車場

  • あり(無料)大神神社の駐車場を利用

大神神社の記事は、コチラ!

 「大神神社」① 霊能者がパワーを充電するために訪れるという最強のパワースポット。

 大神神社③ 「久延彦神社」は太古の昔から崇拝されている知恵の神様だ!

 大神神社④ 「若宮神社」は安産のパワースポット!