奥山津見|おくやまつみ|加具土命の死体から化成した山の神

2018年7月14日

スポンサーリンク

奥山津見(おくやまつみ)は、日本神話に登場する神。

伊邪那岐命が斬り殺した自らの子で火の神の「加具土命」の腹から成った山の神である。日本書紀には現れず、古事記にしか登場しない

奥山津見の神名

奥山津見(おくやまつみ)>>>古事記

奥山津見の神格

神名の意味は「奥の山の神霊」と解釈されることから、、、

奥深い山中、木々が生い茂って暗い山奥を司る神。

頭に成った正鹿山津見、次に胸に成った淤縢山津見は、山の山頂から連なる起伏を表しているのに対して、奥山津見はその山懐を司るイメージだろうか。

同時に生まれた山の神

古事記に登場する、斬り殺された加具土命から生まれた山の神8柱は下記の通り。

参考記事

古事記における、これらの8柱の神が化成する場面、すなわち加具土命が斬り殺される場面は、こちらの記事をご覧頂きたい。

スポンサーリンク