洲崎神社|名古屋|須佐一族が鎮まる聖地で縁結びを祈る。ここは、まぎれもなくパワースポットである。

2019年4月1日

スポンサーリンク

洲崎神社は名古屋市中区栄にある神社。

かつて、名古屋城あたりから熱田神宮あたりまでは、2本の断層に挟まれた長細い半島であった。今でいうところの熱田台地がそれだ。

よって、この熱田台地には古代の祭祀場や古墳・古社、そしてパワースポットが点在するのである。

今回ご紹介する洲崎神社も、そのうちの一つ。いや、その中でも上位に位置すると感じたパワースポットである。

洲崎神社の創建

洲崎神社の創建は、平安時代前期の貞観年間(860年代前後)。その石神の導きにより出雲国の「稲田宮」からやってきた素戔嗚尊を奉祀したのが始まりという。

稲田宮とは、稲田神社のことなのか?稲田宮跡に鎮座する須佐神社のことなのか。。。?
そして、勧請されたのは素戔嗚尊だけだったのか?

このあたりについても、後程、私見を述べていくことになろう。

かつては、栄1丁目全域と西側は江川線あたりまでを神域に持っていたが、名古屋城築城によって境内西側に堀川が通されたり武家屋敷が立てられたり、なんだかんだで、今では小さな境内となっている。

およそ神社仏閣は、時の権力者や時代の流れの中で栄枯盛衰を繰り返してきた。

いわんや、明治の一村一社政策によって、跡形もなくなくなってしまった神社が多い中、こうして名古屋の中心地に存在し続けている洲崎神社は、それだけでパワースポットと言ってもよいのではなかろうか。

そして、洲崎神社の境内には「石神様」「白龍様」も祀られている。これらは単なる境内社ではない。

洲崎神社に参拝するにおいて、石神様と白龍様は欠かすことが出来ない要素であるからして、石神様の創建についても触れておく必要があるのだが、それは後述することにしよう。

洲崎神社の祭神

現在の主祭神は「素戔嗚尊」。そして「稲田姫」「五男三女神」を合わせ祀る。

素戔嗚尊・稲田姫

素戔嗚尊は、高天原を追放されたのち新羅に渡る。そして再び日本に帰還。出雲に降臨し、出雲の大王となった荒ぶる神である。

出雲に降臨したとき、「足名椎命」と「手名椎命」の娘が八岐大蛇に生贄として捧げられる運命であることを知り、これを助けて妻とした。これが「稲田姫」である。

中世以降の神仏習合において、素戔嗚尊はその神徳や荒々しい性質が近しいことから「牛頭天王」と習合した。それに伴い、その妻であるところの稲田姫は牛頭天王の妃である「婆利塞女」と習合した

よって、現在の祭神が素戔嗚尊となっている神社の多くは、江戸時代までは疫病除けのために「牛頭天王」を祀る「祇園社」もしくは「天王社」だったのである。

しかし江戸時代末期の尾張名所図会には、洲崎神社の祭神は「素戔嗚尊」「稲田姫」「八王子」と記されている。(江戸末期の資料であるがゆえに、それ以前に牛頭天王が祀られていた可能性は十分にある。)

五男三女神

五男三女神の構成については、よくわからない。可能性として列挙しておく。

■第一説
五男三女と称するからには、素戔嗚尊と天照大御神の誓約(うけい)で誕生した神々を指す、とするのが妥当だと思う。

古事記絵詞より:天照大神が吹き出した霧から三女神が生まれる様子。右下には素戔嗚尊が吹き出した霧から生まれた五男が描かれている。
  • 正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命・・・瓊瓊杵尊の父で皇室の祖。
  • 天之菩卑能命・・・出雲氏・土師氏・菅原氏の祖
  • 天津日子根命・・・凡河内氏の祖
  • 活津日子根命・・・彦根神社・活津彦根神社の祭神(いずれも滋賀県)
  • 熊野久須毘命・・・出雲の熊野大社、紀伊の熊野三山に関係?
  • 多紀理毘売命・・・宗像三女神
  • 多岐都比売命・・・宗像三女神
  • 市寸島比売命・・・宗像三女神

■八柱の御子神説
もしくは、素戔嗚尊の御子神とされる八柱、すなわち祇園の八坂神社の本殿西座に祀られる「八柱御子神」であろうか。。。

  • 八島士奴美神(男神)
  • 五十猛神(男神)
  • 大屋比売神(女神)
  • 抓津比売神(女神)
  • 大年神(男神)
  • 宇迦之御魂神(女神?)
  • 大屋毘古神(男神)
  • 須勢理毘売命(女神)

しかしこれでは4男4女となる可能性がある。というのも、記紀には宇迦之御魂神の性別について明記されていないものの、一般的には食物の女神と解釈されているからだ。

■八将神
最後に、牛頭天王と婆利塞女の王子でありかつ眷属の「八将神」という可能性もなくもないが、現在の祭神構成としては可能性は低いと捉える。

太歳神、大将軍、太陰神、歳刑神、歳破神、歳殺神、黄幡神、豹尾神

洲崎神社のご利益

●縁結び
洲崎神社本殿に素戔嗚尊と稲田姫の夫婦神が祀られており、石神様と道祖神様(いずれも磐座)には猿田彦命と天鈿女命の夫婦神が祀られている。

よって、恋愛だけでなく、人との出会い最適な進路との縁を結んでくれる、強力な縁結びのご利益がいただけると評判である。

その縁結びパワーを最大限に高めるためには、正式な参拝方法を行う必要がある。

すこしだけ恥ずかしいかも。。。後述しよう。

●難関突破
これも後述するが、正式参拝には一か所だけ難関な場所がある。それをクリアすることにより難関突破のご利益が得られるとの噂。受験生および親御さん必見である。

●金運・商売繁盛
本殿右の白龍龍寿大神の社には2柱の蛇神が宿った2匹の白蛇が祀られ、金運アップ・商売繁盛のご利益がいただける。

前置きが長くなってしまった。それでは、次のページで「縁結びパワーの頂き方」や「金運アップの白龍龍寿社」の参拝記録をご紹介しよう!!