生國魂神社|大阪|実は凄い神社だったんだね!日本国土の守護神を祀る古社は、癒しのパワースポットだ!

2018年8月14日

スポンサーリンク

“難波大社” 生國魂神社 概要


生國魂神社は、大阪市天王寺区、上町台地という南北に伸びる高地にある神社である。一般的には、「いくたま」と呼んでいるが、正式名称は「いくくにたま」。”難波大社” とも称される。

生國魂神社のある上町台地は、太古の昔は大阪湾に北方向に突き出た半島であった。

瀬戸内海から河内や大和に向かう場合、必ずこの半島の岬を通過することになる。まさに、海上交通の要所といえよう。

“難波大社” 生國魂神社の創建

創建年代は不詳であるが、生國魂神社の由来によると、神武天皇東征時の創建というから大変な古社である。

創建当時は、現在の大阪城の位置にあったとされる。

しかし、大阪城築城のとき、秀吉によって現在地に遷座された。

“難波大社” 生國魂神社の祭神

主祭神は、生島大神(いくしまのおおかみ)と足島大神(たるしまのおおかみ)。相殿神に大物主大神

生島大神と足島大神は、古事記に登場しない神だ。一説には、難波の地主神ではないかと言われている。

平安時代の宮中では、この2柱の神様は、大八洲(日本国土)の神霊国土にあるものを生成し充足するという、大変重要な神様とされていて、別格の扱いを受けていた。

  • 国土にあるものを生成する神といえば、高御産巣日神、神産巣日神を連想する。
  • 日本国土の神霊となると、倭大国御魂大神を連想する。
  • 生島・足島を生玉・足玉とすれば、饒速日尊が持っていた神宝である「十種神宝」の中に、まさしくその名のとおり「生玉(いくたま)」「足玉(たるたま)」がある。
  • そして、この半島にも磐船神社があったらしいとなると、ますます饒速日尊と関連するように思えてならない

いずれにしても、いろいろと、想像を掻き立てられる神社・祭神である。

“難波大社” 生國魂神社 参拝記録

大阪市営地下鉄谷町線の谷町9丁目駅の南に生國魂神社は鎮座する。

城向八幡宮跡

谷町筋から鳥居に向かって参道を歩くと、左手に公園がある。この公園は明治初頭までは「蓮池」と呼ばれる池で、後述する「城向八幡宮」が鎮座していた。

一段低くなっている部分が池だったのだろうか。。。

精鎮社跡

そして、この公園の参道を挟んで向かい側、現在は幼稚園になっている少し窪んだ場所にも池があり、「弁財天」が鎮座していたようだ。画像は無い。申し訳ない。

この「弁財天」が明治期には「レイコン社」と呼ばれ、現在では後述の「精鎮社」と呼ばれている。

本殿エリア

大鳥居

正面の鳥居の両端がスロープになっていて、車で境内に入ることができる。

しかしそれでは鳥居をくぐったときの感覚を味わうことができない。一度、外に出てから、もう一度歩いて鳥居をくぐろうではないか。

いや、新鮮さが薄れてしまったのだろうか、あまり神域感を感じることができないのである。。残念。

手水舎

手水舎の奥に駐車場とトイレがある。駐車場は無料だ。

拝殿

IMG_20160516_120352

拝殿から弊殿

IMG_20160516_120313

真正面に鉄筋コンクリートの大きな拝殿がある。広くて、明るい拝殿だ。その奥に生國魂造の本殿があるのだが、見えない。

二礼二拍手一礼。天津祝詞。

拝殿から優しい風が吹き抜けてくる。「優しい親心のような気」が本殿からゆったりと流れだしているように感じる。実に清浄である。鎮魂のイメージは微塵も感じられない、清浄な気でなのである。

 

拝殿の右手にまわると、天満宮と住吉神社が南向きに(本殿に向いて)並んで鎮座している。さらに奥には、皇大神宮が東向き(本殿と同じ向き)に鎮座。

天満宮

本殿に向かって鎮座する「天満宮」。祭神は菅原道真公。学問の神様だ。

住吉神社

こちらも本殿に向いている「住吉神社」。祭神は底筒男命・中筒男命・表筒男命。

皇大神宮

本殿と並列に、すなわち東向きに鎮座する「皇大神宮」。天照大御神を祀る。

 

この3社は、小振りな庭園を取り巻くように鎮座しているのだが、この庭園が「気持ちのいい場所」なのである。

しばらく、お庭の花を眺めながら、この気持ちよさを満喫するべし。

さてここから階段を降りて、一段下のエリア「生玉の杜」へと進む。

 

スポンサーリンク

“難波大社” 生玉の杜エリア

階段を降りていくと、緑の芝生を囲むように、たくさんの末社が鎮座している。

どの摂社も、立派な造りである。

この芝生エリアも「気持ちのいい場所」だ。

精鎮社

IMG_20160516_121022

階段を下りてすぐの左手に「精鎮社」がある。前述の弁財天だ。

私が一番気持ちいいと感じたのは、ここである。

祭祀は、事代主神と比咩大神。

事代主神は、古事記における国譲り神話に登場する、大国主の二人の息子のうちの一人である。

国譲りを迫られた大国主命は、二人の息子に判断を委ねた。

国を譲ることを「承知した」とだけ言って姿を消したのが兄の事代主神。この時、海で釣りをしていたので、後に「海」「釣り」繋がりで「恵比寿神」と習合した。

 

比咩大神は、妻神であろう。

しかし、弁財天であったということになると、一般的には「市杵嶋姫命」が祀られるはずなのだが。。。

精鎮社 横のせせらぎ

IMG_20160516_121122

精鎮社の横にはちょっとした清流が設えてあって、そのせせらぎの音と緑などもあいまって、癒されるのである。

城方向八幡宮(きたむきはちまんぐう)

こちらが前述の、蓮池にあった城方向八幡宮で、当時は大阪城の方向を向いて鎮座していた。すなわち北向き。であるからして、城方向と書いて北向きと読むのだそうだ。

祭神は、誉田別命、気長足媛命、玉依比売命。八幡大神様である。

もちろん、勝負運のご利益あり。

ちなみに現在は、東向きに鎮座されている。

鞴神社(ふいごじんんじゃ)

 

IMG_20160516_122112

その右が、「鞴(ふいご)神社」。本殿前には、鉄を溶かす鞴が設えてある。神事で使用するものと心得る。

祭神は、天目一箇神(あめのまひとつ)、石凝杼売命(いしごりどめ)、香具土神(かぐつち)

  • 天目一箇神は、天の岩戸神話で、鉄鐸を造った神
  • 石凝杼売命は八咫鏡(銅鏡)を造った神
  • 香具土神は生まれる時に、母神である伊弉冉尊にヤケドを負わせた火の神

鉄や銅、鋳造の守護神とされる。よって、製鉄業界、金物業界の信仰を集めています。

家造祖神社(やづくりみおやじんじゃ)

IMG_20160516_122259その右が、「家造祖神社」

祭神は、手置帆負神(たおきほおい)、彦狭知神(ひこさしり)

手置帆負神と彦狭知神は、岩戸隠れ神話で、「瑞殿」という御殿を建てた神様。天照大神は、岩戸から出たあと、その瑞殿に入られた。

建設業界からの信仰を集めている。新築一戸建てを予定している人も、こちらで工事の無事を祈願されてはいかがだろうか。

ちょうど、私、住まいを新築する予定があるので、念入りにご挨拶申し上げた。

追記
先日、無事に新居が建ったことを感謝申し上げた。

浄瑠璃神社(じょうるりじんじゃ)

浄瑠璃と言えば大阪。竹本義太夫&近松門左衛門。

生國魂神社から西へ徒歩10分ぐらいだろうか、文楽座という演劇場がある。

本来は文楽というのは劇場の名前なのだが、今では、文楽といえば人形浄瑠璃のことを指すようになっている。

で、浄瑠璃神社とは?

祭神は、「近松門左衛門」をはじめとする、文楽(浄瑠璃)関係者」が祀られているという。

朱の社エリア

本殿の石垣の下に、赤い社が3つ並んで鎮座しているゾーンがある。

手前から「稲荷神社」「源九郎稲荷神社」「鴫野神社」と並び、女性の参拝者が目立つ。

稲荷神社

祭神は、「倉稲御魂神」。日本三大稲荷のひとつに数えられる「祐徳稲荷神社」の分霊。ご利益は、五穀豊穣・商売繁盛・除災招福である。

源九郎稲荷神社

祭神は「源九郎稲荷大明神」と「八兵衛大明神」である。

源九郎稲荷大明神は、大和郡山市の「源九郎稲荷神社」からの分霊と思いきや、「奈良県吉野からの分祠」とある。

ご利益は、五穀豊穣・商売繁盛とのこと。

八兵衛大明神は、道頓堀に架かる戎橋(引っかけ橋)南側にあった中座の館内に祀られていた、「芸道の神様」である。

中座が閉館する際に分霊したということだ。

ちなみにこの「八兵衛」はタヌキである。なんと、キツネとタヌキが合祀されているということになる。

“縁結び” 鴫野神社

一番奥に「鴫野神社」が鎮座する。一見して「蛇」もしくは「龍」が祀られていると思わせる雰囲気である。

もともと大阪城の北東「弁天島」という中州にあった。現在のOBP辺りであろうか。

淀殿の信仰ことのほか篤く、頻繁に参拝されたと聞く。

祭神は、「市寸島比賣神 」「大宮賣神」「淀姫神」の3柱の女神である。

市寸島比売命

自然信仰における水や海の神である。天孫降臨神話以降、子守の神さま、子供の守護神としての神徳をもつようになり、のちに弁財天と習合して財宝・美容・芸能の神として祀られることが多い。

大宮売神

天照大神の侍女であったため、宮廷の調和を図る神とされる。派生して家内安全、家族和合の神として信仰を集める。

方や、伏見稲荷大社においては、宇迦之御魂神の配神として祀られており、商売繁盛のご神徳も持ち合わせる。

淀姫神

これらの祭神を心から信仰したとされる。確かに、上記2柱の女神のご神徳は、豊臣政権の維持と秀頼の養育という淀殿の大命題にピッタリと当てはまるのだ。

鴫野神社 提灯の文字

提灯の表は「心に錠前」、裏に「縁」の文字。

鴫野神社はいつのころからか、心願成就・縁切り・縁結びの御利益を頂けると、多くの女性が集まるようになったという。

「心に錠前」は、「心願は硬く心に誓うべし」という意味と、「心願をむやみに人に言わないこと」という意味があるように思う。

現代とは異なり、江戸時代の大半の女性は、自分の思うように生きることが難しい時代だったろう。思うように生きるといっても職業や学問などのことではない。それらはそもそも選択肢が無い時代だったのだから。

神様にお願いしたいのは「縁」のみだったのかもしれない。

好きな人と一緒になりたい。しかし親が相手を決めてしまい、従わざるを得ない。まさに曽根崎心中である。

江戸時代の女性の心願は、すなわち「縁」だったのではないだろうか。。。

御神木

鴫野神社の裏手に、「御神木」があった。

この御神木、白蛇の棲み処なので「巳さんの御神木」と言われている。やはり「蛇神」であった。

しかし、火災で燃えたような黒くこげた跡がある。実に痛々しい。それでも、この木は生きているのだ。

久々のおみくじ

最後に拝殿に戻って、もう一度、ご挨拶を申し上げる。

今日は、実は、ちょっと気になることがるので、神様のご意見を伺おうと思っていた。

久しぶりに、おみくじを引こうと思う。

「正しいおみくじの引き方」は、また、後日。

結果は、、、微妙。。。 まあ、ダメとは書かれてないので、希望を捨てずに努力あるのみである。。

御朱印を頂いて、退出だ。

 

“難波大社” 生國魂神社を参拝して、思うこと。。。

上町台地は、上町断層によってせりあがっってできた台地。生國魂神社のすぐ西側は崖になっているので、断層上にある神社といっていいと思われる。

そう考えると、たしかに上町台地の崖の上と下に、多くの社寺が建立されている。

パワースポットが点在している地域と見て間違いないだろう。

上町台地にある、パワースポットといえば、北から、大阪城、難波宮、高津宮、生國魂神社(日本国土の神霊)、愛染堂(縁結び)、清水寺、安居神社、一心寺、四天王寺、あべのハルカス、そして南の端には住吉大社。ビッグネームが目白押しである!

全て、上町断層近辺に存在するのである。

我が大阪河内地方の断層といえば、生駒断層と交野断層も有名。

この断層には、磐船神社、星田神社、妙見さん、四条畷神社、野崎観音、石切劔箭神社、枚岡神社、瓢箪山稲荷、玉祖神社、天照大神高座神社、岩戸神社、恩地神社などなど。こちらも由緒ある神社がズラリと並んでいる。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • 所在地  大阪府大阪市天王寺区生玉13-9
  • 電話番号  06-6771-0002
  • 最寄り駅 大阪市営地下鉄 谷町線 谷町9丁目駅
  • 駐車場  あり 6台ぐらい
  • 主祭神  生島大神、足島大神、相殿神:大物主大神
  • 創建年  不詳
  • 社格   式内社(名大社)旧官幣大社 別表神社
  • ご利益  製造関係、縁結び、夫婦和合
  • 公式HP   https://ikutamajinja.jp/

スポンサーリンク