綱敷天神社|北区神山|キタの外れにある聖域。

スポンサーリンク

大阪随一の繁華街「キタ」。東通り商店街のアーケードを抜けたあたりに、綱敷天神社は鎮座する。天王寺やミナミに比べて上品なキタの中において、僅かに猥雑なエリアである。

さて、キタの北にあたる茶屋町には「綱敷天神社 御旅社」が鎮座している。こちらも重要な神社である。その証拠に「御旅社」であって「御旅所」ではないのだ。

ちなみに、キタの南のはずれには露天神社が、そして西のはずれの福島には福島天満宮が鎮座している。このように、キタは東西南北を天神社・天満宮で囲まれているようだ。

だからどうということはないのだが、、、

綱敷天神社の概要

綱敷天神社

  • 所在地   大阪市北区神山町9番11号
  • 電話番号  06-6361-2887
  • 最寄り駅  地下鉄谷町線 中崎駅 南へ400m
  • 駐車場   あり
  • 主祭神      嵯峨天皇、菅原道真公(綱敷天神)
  • 創建年      843年(神野太神宮)
  • 社格   なし
  • 公式HP     http://www.tunashiki.com/

綱敷天神社 MAP

大阪市北区神山町9番11号

綱敷天神社の祭神

綱敷天神社の主祭神は「嵯峨天皇」と「菅原道真公(綱敷天神)」の二柱である。

また本殿には、天照皇大御神、応神天皇、春日大神、住吉大神、天穂日神、蛭子大神、大国主大神、猿田彦神、紅梅殿、白太夫神霊、事平神、手力雄神も合祀されている。

これらの神々は、戦前、末社に祀られていた神々。戦火によって社が焼失したため、本殿に仮遷座したということのようだ。

嵯峨天皇

第52代天皇の嵯峨天皇は、平安京を開いた桓武天皇の皇子。本名を「神野」(かみの)という。

多くの妃を持ち、多くの子をもうけた。財政難のおり、増えすぎた皇室を整理するために、多くの皇子が姓を賜り臣籍降下したという。嵯峨源氏の始まりである。

菅原道真公(本宮:綱敷天神)

菅原道真公は、平安時代の文学者にして政治家である。

幼少から類まれなる才能を発揮し、成人してからのその秀才ぶりたるや。宇多天皇に重用され出世街道まっしぐら。醍醐天皇の御代には右大臣にまで上り詰めた。

しかし、左大臣藤原時平の讒言によって大宰府に左遷。

大宰府への旅路で留まった場所には、今も道真公の偲ぶ地名や史蹟などが残されている。ここ綱敷天神社もその一つであるのだが。。。

大宰府にて、冤罪が晴れるのを待ち侘びながら、失意の内に死去。「天満大自在天神」となったとも。

その後、都では道真公を陥れた人々やその身内が次々に死去したり、宮殿が落雷によって焼失したりと、災いが発生。

それを天満大自在天神(道真公)の祟りと恐れた朝廷が、京都の北野に道真公を祀る神社を創建。北野天満宮の始まりである。

こちらでは「綱敷天神」と称され祀られている。

スポンサーリンク

綱敷天神社の創建

神野太神宮の創建

今を遡ること1200年ほどの822年のこと。第52代嵯峨天皇が難波津に行幸されたとき、現鎮座地に仮の宮殿を造営して宿舎とした。

当時のこのあたりは風光明媚な景観で、皇室や貴族が訪れる人気のスポットであったらしい。

842年、嵯峨上皇が崩御。その翌年の843年、嵯峨上皇の皇子である源融(みなもとの とおる)が亡き父の追悼のために、仮の宮殿跡に嵯峨上皇を祀る社殿を造営。

嵯峨上皇の名である「神野」をとって「神野太神宮」(かみのたいじんぐう)と名付けた。

これが、現在の綱敷天神社の創建と言えようか。

菅原道真公の足跡

それから半世紀後の901年。菅原道真公が太宰府へ下向する途中のこと。このあたりの梅林が美しく咲き誇っていたため、太融寺参拝をかねて、梅花見をすることにした。

罪人としての質素極まりない旅である。道真公は、立って梅を見ていた。それを痛ましく思ったこの地の人々が、船を陸につなぎ止める「とも綱」を地面に丸く敷き、即席の円座を作って、座っていただいたという。

これがすなわち「綱敷」。

その綱を敷いた場所は、「神野太神宮」(現:綱敷天神社)の少し南にあった「梅塚」の場所付近であったのだろう。

梅塚天神社の創建

さて、道真公がこの地を後にする際、道真公誕生からずっと守役を務め、この旅にも同行していた度会晴彦(外宮の神家)をこの地に留まらせ、自分が京に戻るのを待つように指示された。そして「白江」という姓を与えた。(今でも綱敷天神社の宮司さんは白江氏である。)

白江氏は、その「御綱」と「御影」をご神体として、梅の樹の下に社を構え斎き奉ったという。

これが御旅社の起源、「梅塚天神社」の創建である。

喜多埜天神社の創建

993年。京都の北野天満宮に祀られる道真公に「正一位太政大臣」が贈られた。冤罪が晴れたわけだ。

時を同じくして難波の喜多埜(北野)にあった社殿を再建して、道真公「綱敷天神」を祀ることになった。

(と、「天神宮綱敷御影略縁起」に見えることから、この時点ではすでに「神野太神宮」は荒廃していた、あるいは、ほとんど知られていなかったと思われる。)

そして、白江氏が祀る梅塚天神社も再建された喜多埜の社殿に合祀されることになり、名を「喜多埜天神社」あるいは「綱敷天神社」と称することになった。

この時点で「喜多埜天神社」(現:綱敷天神社)には、綱敷天神(菅原道真公)と梅塚天神(菅原道真公)の二柱の道真公が祀られることになる。

そして梅塚天神社の跡地は「御旅所」となった。
(御旅所の変遷については、綱敷天神社御旅社の記事でご紹介しようと思う)

このように、綱敷天神社(神野太神宮)に梅塚天神社が吸収合併されたように見えるわけだが、「喜多埜天神社」の神職は「白江氏」であることからすると、奉りの本流は「梅塚天神社」にあると思うのだが、どうだろうか。

そういう意味では、993年が綱敷天神社の創建ともいえるし、梅塚天神社の創建が綱敷天神社の創建ともいえる。

ややこしいのである。

綱敷天神社のご利益

嵯峨天皇より、文化守護・書道上達・天下泰平などのご利益がいただける。

また、菅原道真公より、学業向上・和歌上達・冤罪救済などのご利益を頂けるとのこと。

スポンサーリンク