造化三神|天地開闢。すべての始まりに現れた創造の三柱の神は、森羅万象すべてに宿る神々の頂点に立つ別格の神だ!

2016年1月21日

造化三神とは

天と地が出来たとき(世界のはじめ)、高天原に成られた三柱の神様。

  • 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・・・最高位、至高の神
  • 高御産巣日神(たかみむすひのかみ)・・・創造、征服、統治の神
  • 神産巣日神(かみむすひのかみ)・・・創造、生産の神

三柱とも、独り神で性別は無く、成られてすぐに隠れられました。

古事記より

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)

古事記では、世界が始まって最初に現れた神として登場します日本書紀では、最初に現れた神は「国之常立神」となっています。そして、「天之御中主神」は高天原におられる神という表現にとどまっています。

中世においては、伊勢神道により、外宮の豊受大神=天御中主之神であるという主張がなされ、外宮の内宮に対する上位性を主張したといいます。

他にも、天御中主之神は古代イスラエルの唯一神「ヤハウェ」のことであるという説があったり、新約聖書の「イエスキリスト」であるという説があったり、「エロヒム」のことであるという説が、、、さまざまな推論が行われています。

これは、日本の神話が、旧約聖書や新約聖書の内容に酷似している部分があったり、日本語とヘブライ語の相似、神社と古代イスラエルの幕屋との相似などから、日本の神道は、古代イスラエルのユダヤ教がルーツで、その後、秦氏の渡来とともにもたらされた原始キリスト教に改宗されていった、という仮説に基づくものです。

もっと別な次元で、天之御中主神は、「宇宙の全てに存在する」という概念を唱える説もあるようです。ですから、全ての神の中にも存在し、当然、我々の中にも存在すると。これが、内在神の考え方なのでしょうか。

「宇宙の全てに存在する」を「宇宙の全ての素である」と言い換えたほうが、私はしっくりきます。私たちの体もその素(もと)からできている。石や木や水や金属。すべてがその「素」(もと)からできている。

科学的にいうと、「原子核」と「電子」? でも違うのは、この「素」(もと)は、物質だけでなく魂をも構成する「素」(もと)であるということでしょうか。

私はそんな風にとらえています。

高御産巣日神(たかみむすひのかみ)

日本書記では高皇産霊尊」と書かれています。また、「高木神」という名でも登場します。

天御中主之神に続いて現れた神で、すぐに隠れてしまいます。

性別なしの独り神ですが、天照大神の相談役的な位置づけにあり、どちらかというと男性的な役割を持っているようです

高御産巣日神には、二柱の御子がいます。そのうちの一柱、「萬幡豊秋津師比売命」(よろづはたとよあきつしひめのみこと)は、天照大御神の御子の押穂耳尊」(おしほみみのみこと)と結婚して、「天火明命」=「饒速日尊」天孫「ニニギ」を産むことになります。

神産巣日神(かみむすひのかみ)

日本書記では神皇産霊尊」と書かれています。

「高御産巣日神」についで現れた神で、こちもすぐに隠れてしまいます。

性別なしの独り神であるのですが、女神であると言われています。先代旧事本記では、高御産巣日神の御子とされています。ややこしいのです。

神産巣日神は、兄神たちのいじめによって殺された「大国主命」を、赤貝と蛤で治療をして、みごと蘇生させました。

なお、大国主の相棒として国造りを行った「少彦名神」は、この「神産巣日神」の御子です。

 

皇室の成り立ちや国造りにかかわることの多かった高皇産霊尊」「神産巣日神」は、皇居にある八神殿(皇室を守る八神を祀る神殿)の第一神殿に「神産巣日」が祀られ、高皇産霊尊」は第二神殿に祀られています。ちなみに「天之御中主神」は祀られていません。

これは天之御中主神が「素」であるからで、両産巣日神(むすびの神)は「素」を組み合わせることによって、天地のあらゆる物質を作り出す役割を持っていたからではないでしょうか。

そんな風に考えてます。

 

天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神を祀る神社はコチラです!

天之御中主神が主祭神
➡ 東京日本橋「水天宮」 「天之御中主大神」を祀る水天宮は生命を繋ぐ神である!
天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神の3柱を祀る神社
➡ サムハラ神社 私は創造の神のご神力・宇宙のパワーを感じることができるのだろうか!

産巣日神のパワーを感じる、おすすめのスポットはコチラ!

摂社の天神社に高皇産霊神、神皇産霊神の2柱を祀る
 石上神宮 最強!産霊の神々が降臨する起死回生のパワースポット!
摂社の「内天神社」に少彦名神を祀っているとされているが、本当は産霊の神のような気がする
➡ 「熱田神宮」④ 創造の神が降臨する場所「内天神社」で最強のパワーを感じた!