鵲森宮|元四天王寺の鎮守「森の宮」は「守屋の宮」?不思議な空間だった。

2016年7月5日

IMG_20160620_134440

大阪市中央区、JR森之宮駅すぐのところにある「鵲森宮」は、聖徳太子が589年に建立した古社で、延喜式神名帳に小社として記載ある式内社である。

物部守屋を滅ぼした聖徳太子は、守屋最後の拠点(難波の宅)であったとも言われているこの地に、四天王寺を建立する

その四天王寺を鎮守するため、両親である用明天皇穴穂部間人皇后を祀ったのが始まりという。四天王寺はその後、南の荒墓山へ移設されたため、元四天王寺とも呼ばれている。

主祭神は、本殿に、用明天皇、穴穂部間人皇后、聖徳太子を祀り、奧社に天照大神・月読命・須佐之男尊を祀っている。穴穂部間人皇后を祀る神社は、日本にここだけらしい。

奥社は、この敷地内にはない。裏手のビルの屋上にあるという情報があるが、私は未確認である。

「鵲」カササギとは、朝鮮半島や中国に生息するカラスの仲間。コウライカラスとも言う。腹が白いカラスをイメージしていただきたい。

日本書紀によると、「聖徳太子の命により、新羅へ赴いた吉士盤金(きしのいわかね)が2羽の鵲を持ち帰り、難波の杜で飼った」とある。その難波の杜が、この森であるとされたため鵲之森と呼ぶようになり、鵲森宮といわれるようになったらしい。

摂社に「五幸稲荷社」があり、由緒書には「火難・水難・盗難飢餓・産難を除く、宇賀御霊命(うかのみたま)を祀る日本唯一の稲荷社です。」と書かれてある。

スポンサーリンク

鵲森宮 参拝記録

実は、鳥居を発見するまで、ここに神社があることすら知らなかった。鵲森宮という神社の存在も知らないし、ましてや、元四天王寺であることなど、知る由もなかったのだが、この日、奇しくも四天王寺七宮のひとつ堀越神社からスタートし、四天王寺、大江神社、愛染さん、高津宮、難波宮跡と訪問した最後に、偶然立ち寄った神社なのである。

四天王寺の記事はコチラ ⇒ 四天王寺(してんのうじ) 神秘のパワースポット

高津宮の記事はコチラ  ⇒ 高津宮(こうづぐう) 縁切りと縁結

難波宮跡の記事はコチラ ⇒ 難波宮跡(なにわのみやあと) 古代宮殿

難波宮跡で究極にのどが渇き、早々に退散したあとのことである。

鵲森宮 発見

自販機で缶コーヒーを購入。そのまま森之宮駅へ向かって歩くわけだが、ふっと、ほんとに、ふっと、この角を曲がってみようと思い立ったのである。曲がると、そこには公園が。営業マンだろうか、ベンチで休憩している。その周辺にカラスが数羽。なんとカラスの多い公園だろう。。。などと思いつつ、缶コーヒーを飲む。

と、ビルとビルの隙間に鳥居があるではないか。見過ごせない何かを感じた私は、鳥居に吸い込まれていったのである。

IMG_20160620_133751

路地を抜けると、境内である。とても広いとは言えない境内であるが、なんとも奇妙な空気感がある神社だ。これといった特徴がない。というよりは雑多な気が混ざり合っているという感じであろうか。

いったん表の鳥居から出て、入り直す。

表の鳥居

IMG_20160620_133859

鳥居の正面に、境内摂社が見える。実は、この摂社が曲者?なのであるが。。。

手水舎

手水舎である。まずは、手口を清める。そして、この雑多な気の正体を探ろうでなないか。

IMG_20160620_133945

五幸稲荷社

まずは、五幸稲荷社である。

IMG_20160620_134257

由緒書は、下記の通りである。

由緒書(五幸稲荷社)

五幸稲荷社は、火難・水難・盗難飢餓・産難を除く、宇賀御霊命(うかのみたま)を祀る日本唯一の稲荷社です。

平成の遷座で猿田彦命、大己貴命、熊鷹大明神、烏丸明神、天神、八幡大明神、忌部社(手置帆負命・彦狭知命)、真目宮(布留魂命)などを合祀してあります。

IMG_20160620_134312

五幸稲荷の祭神

宇賀御魂命(うかのみたま)

古事記では「宇迦之御魂神」、日本書紀では「倉稲魂命」。尊称がことなるだけで、どちらも「うかのみたま」と読む。

宇迦之御魂神を祀る神社は、伏見稲荷大社を筆頭に日本各地に沢山ある。しかし、こちらは、日本唯一と銘打ってある。伏見稲荷大社よりも古くからある稲荷社なので、「伏見稲荷大社の分霊ではない」という意味だろうか。

こちらと同じく、「元四天王寺」を名乗り五幸稲荷を祀る「玉造稲荷神社」も、伏見稲荷の分霊ではないという。

猿田彦命(さるたひこ)

ニニギ尊の天孫降臨の際、道案内をしたとされる国津神。中世には、庚申信仰や道祖神と結びついた。その姿は、は七咫、背長は七尺、目が八咫鏡のように、またホオズキのように照り輝いているという。まるで西洋人のようである。

大己貴命(おおなむち)

国譲り神話で有名な大国主命のこと。出雲大社に祀られているとされているが。。。縁結びの神として人気である。

熊鷹大明神(くまたか)

あまり聞かない神様であるが、阿波の狸神とのこと。狸合戦で討ち死にした父の仇討ちを果たした。農家魚家を守護し、交通安全、厄除けに霊験あらたかと言われる。何故、稲荷社に狸神なのだろうか。

伏見稲荷大社にも、熊鷹社が存在する。伏見稲荷大社からの分霊を否定しているのだが。いかに。

烏丸大明神(からすまる)

鍋宮大明神ともいい、河内鋳物師たちの崇敬をうけていた鋳物の神である。

天神(てんじん)

一般的には、天神と言えば菅原道真公である。しかし、天津神という意味もある。ちなみに、私の大好きなスポット、石上神宮の天神社は、「高御産巣日大神」「神御産巣日大神」造化の二柱を祀っている。

八幡大明神(はちまん)

誉田別命こと応神天皇。武運、勝負の守護神である。

手置帆負命(たおき ほおひ)

天岩戸神話に登場する、建築や工匠の守護神。

天照大神が岩戸にお隠れになられたとき、彦狭知命とともに天御量(あめの みはかり)で計測して木材を切り出し、瑞殿(みずのみあらか)という御殿を造営。お出になられた大神は、そこに入られた。

天太玉命の配下にあった神の一柱。

天太玉命は、玉造部の祖神であり、ここ森之宮は旧玉造村である。その配下の手置帆負命が合祀されたのは、十分に理解できることである。

讃岐忌部氏の祖神。

香川県には忌部氏ゆかりの神社が多く、祭神は祖神である手置帆負命。そのゆかりの神社を調べていると、「宇賀神社」を発見した。祭神は宇賀魂神(うかのみたまのかみ)とも、笠縫神とも。

手置帆負命から、玉造・忌部・宇賀魂神とキーワードがつながっていく。面白い。

彦狭知命(ひこ さしり)

こちらも、天岩戸神話に登場する、建築や工匠の守護神。そして、天太玉命の配下にあったことも同じ。紀伊忌部氏の祖神である。

布留魂命(ふるの みたま)

真目宮(まなめ の みや)で祀られていたとされる、布留魂命。

ストレートに考えると、石上神宮に代表される布留御魂大神。饒速日尊の十種神宝に宿る神霊であるが、同じと考えていいのだろうか。であれば、物部系の神となる。忌部の神と合祀されていることになる。

「ふるのみたまのみこと」で検索すると、「布留多摩命」がヒットする。

岸和田市八木地区に本拠を置いた八木氏の祖神である。そして布留多摩命の父神は「和多罪豊玉彦神」であると「新撰姓氏録」にある。

わだつみ豊玉彦神と言えば、日本書紀の「海神豊玉彦」=「古事記」の綿津見大神

「まなめのみや」が気になるのである。「まなめのみや」の存在が確認できないのだ。連想するのは、やはり「真名井」(まない)であろう。

十種神宝・豊玉彦・真名井から連想するものとは?

スポンサーリンク

本殿

IMG_20160620_134440

前述のとおり、用明天皇・穴穂部間人皇后と、聖徳太子が祀られている。

亀の井

IMG_20160620_134340

このあたりに温泉が湧き出していて、長寿の水ということで、聖徳太子が亀井水と名付けたらしい。

今はもう温泉は湧いていないのだろうか。もし湧いているなら、スーパー銭湯「長寿の太子湯 亀の井」なんかを作れば流行るんじゃないかと、つい考えてしまうのである。

ちなみに、現在の四天王寺にも亀井の水がある。

最後に

はっきり申し上げて、パワースポットという感はない。しかし、いろんな疑問を投げかけてくれる面白い神社である。歴史好きにとっては、たまらん神社なのではなかろうか。

元四天王寺の謎、五幸稲荷の謎、真目宮の謎。もしかしたら四天王寺七宮とも関係があるのかも。。

とにもかくにも、鵲森宮の五幸稲荷神社、玉造稲荷神社、河堀稲生神社。この3社の比較であろう。何かが見えてくるのではなかろうかと、期待させられるではないか。

ありがとうございます。

鵲森宮 概要

  • 所在地   大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14−2
  • 電話番号  06-6941-9294
  • 祭神   用明天皇、穴穂部間人皇后、 聖徳太子
  • 創建年      593年
  • 社格   式内小社、府社
  • 公式HP   

鵲森宮 アクセス

MAP

〒540-0003 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14−2

最寄り駅

  • JR大阪環状線・地下鉄鶴見緑地線「森の宮」徒歩1分

駐車場

  • なし

四天王寺の記事はコチラ
 四天王寺 神と仏が共存!四天王寺には多くの謎が仕掛けられている?

難波宮跡の記事はコチラ
 難波宮跡 都会の真ん中に超癒し空間が存在した!風が吹き抜ける「古代宮殿」

高津宮の記事はコチラ
➡ 「高津宮」 縁切り坂と縁結び坂。断層が造り出すパワースポットである!

玉造稲荷神社の記事はコチラ
 玉造稲荷神社|家内安全・縁結び・夫婦円満・金運・商売繁盛!上町台地に存在する聖地だ!

  • 所在地  大阪市中央区森之宮中央1丁目14-4
  • 電話番号 06-6941-9294
  • 最寄り駅  JR大阪環状線、大阪市営地下鉄長堀線 森之宮駅
  • 主祭神  用明天皇、穴穂部間人皇后、聖徳太子
  • 創建年  589年
  • 社格   式内 社府社
  • ご利益
  • 公式HP   http://www.morinomiya.net/