瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)

スポンサーリンク

瀬織津姫命は、神道の大祓詞(おおはらえことば)に登場する女神。古事記や日本書紀には登場しない、何かと謎めいた女神である。

大祓詞では、諸々の罪や穢れを祓い浄めるとされる「祓戸四神」の一柱で、祓いの神である。

瀬織津姫命の神名

  • 瀬織津比咩
  • 瀬織津比売
  • 瀬織津媛

瀬織津姫命の神格

  • 祓いの神
  • 水の神
  • 滝の神
  • (流れのはやい)川の神
  • 海の神

瀬織津姫命の正体

瀬織津姫命は記紀に登場しないので、その素性がはっきりしない。よくわからない神なのに、大祓詞に登場する重要な神が「瀬織津姫命」なのである。

勢い「その正体とは?」という議論が展開されることになるわけだ。

天照大神荒魂説

天照大神の荒魂が瀬織津姫命であるとする説は、次の文献に見ることができる。

神道五部書と呼ばれる、外宮の神職「渡会氏」によって提唱された「伊勢神道」の経典とも言える5つの書物の中に、下記のような記述が見える。

  • 倭姫命世記・・・「皇太神宮荒魂 一名 瀬織津比咩神」
  • 天照坐伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記・・・「天照荒魂 亦の名 瀬織津比咩神」
  • 伊勢二所皇太神宮御鎮座伝記・・・「天照荒魂 亦の名 瀬織津比咩神」

また、真言密教から見た大祓詞の解説書では、

  • 中臣祓訓解・・・「瀬織津姫命 八十柱日神であり天照太神荒魂、」

皇大神宮の別宮「伊雑宮」の御師である西岡家伝承の文書には、

  • 「玉柱屋姫神天照大神分身在郷」「瀬織津姫神 天照大神分身在河」

中世末期から江戸末期まで、伊雑宮の祭神は伊佐波登美命」「玉柱屋姫神(玉柱神)」の2座と考えられていた。

玉柱屋姫神は里に座す天照大神の分身で、瀬織津姫は河に座す天照大神の分身。すなわち、この三柱の神は同じ神であるということになろう。

また、天照大神荒魂を祀る「廣田神社」の戦前までの由緒書に、

  • 「祭神の天照大神荒魂(撞賢木厳之御魂天疎向津媛命:つきさかきいつのみたまあまさかるむかいつひめのみこと)は瀬織津姫である」

と明記されていたらしい。

天照大神の妃(正室)説

天照大神が男神で、瀬織津姫は天照大神の妻であったとする説である。

ホツマツタエによると、

  • 伊邪那岐と伊邪那美には4人の子がおり、長女がワカヒメ、長男がアマテラス、次男がツクヨミ、三男がスサノオで、長男のアマテラスの妃の一人が瀬織津姫である。

としている。そして、

  • 後にアマテラスが瀬織津姫を正妻として「内宮」に迎え入れたので、瀬織津姫は「向津姫」となる。

とも。

ホツマツタヱ

神代文字の一種「ヲシテ文字」で書かれた古史古伝の一つ。天地開闢から景行天皇までを五七調の長歌体で綴る叙事詩である。

神田の古本屋で写本が再発見されたのが昭和41年。そして、その存在はも江戸中期までしか遡ることができない。

というわけで、偽書であるとの評価であるが、一方、記紀の原典となった真書であるとする研究者も増えてきている。

その他の説

  • 瀬織津姫命が3分割されて宗像三神となった。
  • 瀬織津姫命は饒速日尊の妃である。(アマテル=ニギハヤヒ説による)
  • 瀬織津姫命は菊理媛神、水波能売命、市杵島姫命、弁財天、である。
  • 大山祇神が瀬織津姫命で、その娘である木花咲耶姫命と磐長姫命は瀬織津姫の2面性を表す。

などなど、記紀において素性が不明であるがゆえに、そして重要な神のような印象があるがゆえに、さまざまな説が飛び交っている。

スポンサーリンク

瀬織津姫が登場する神話

前述の通り、記紀には登場しない。

大祓詞

大祓詞は長文であるため、興味のある方は、こちらで全文表示していただきご覧いただきたい。

大祓詞 全文表示はコチラをタップ!

高天原に神留り坐す 皇親神漏岐 神漏身の命以ちて
たかまのはらにかむづまります すめらがむつかむろぎ かむろみのみこともちて

八百萬神等を 神集へに集へ賜ひ 神議りに議り賜ひて
やをよろずのかみたちを かむつどへにつどへたまひ かむはかりにはかりたまひて

我が皇御孫命は 豊葦原水穂國を 安國を平けく知ろし食せと 事依さし奉りき
あがすめみまのみことは とよあしはらのみずほのくにを やすくにをたひらけくしろしめせと ことよさしまつりき 

此く依さし奉りし國中に 荒振る神等をば 神問はしに問はし賜ひ
かくよさしまつりしくぬちに あらぶるかみたちをば かむとはしにとはしたまひ 

神掃ひに掃ひ賜ひて 語問ひし磐根 樹根立草の片葉をも語止めて
かむはらひにはらひたまいて こととひしいわね きねたちくさのかきはをもことやめて

天の磐座放ち 天の八重雲を伊頭の千別きに千別きて 天降し依さし奉りき
あめのいわくらはなち あめのやへぐもをいつのちわきにちわきて あまくだしよさしまつりき

此く依さし奉りし四方の國中と 大倭日高見國を安國と定め奉りて
かくよさしまつりしよものくになかと おほやまとひだかみのくにをやすくにとさだめまつりて

下つ磐根に宮柱太敷き立て 高天原に千木高知りて
したついはねにみやばしらふとしきたて たかまのはらにちぎたかしりて

皇御孫命の瑞の御殿仕へ奉りて 天の御蔭 日の御蔭と隠り坐して
すめみまのみことのみずのみあらかつかへまつりて あめのみかげ ひのみかげとかくりまして

安國と平けく 知ろし食さむ國中に成り出でむ天の益人等が
やすくにとたひらけく しろしめさむくぬちになりいでむあめのますひとらが

過ち犯しけむ種種の罪事は  天つ罪 國つ罪 許許太久の罪出でむ
あやまちをかしけむくさぐさのつみごとは あまつつみ くにつつみ ここだくのつみいでむ

此く出でば 天つ宮事以ちて 天つ金木を本打ち切り 末打ち断ちて
かくいでば あまつみやごともちて あまつかなぎをもとうちきり すゑうちたちて

千座の置座に置き足らはして 天つ菅麻を 本刈り断ち 末刈り切りて
ちくらのおきくらにおきたらはして あまつすがそを ひとかりたち すゑかりきりて

八針に取り辟きて 天つ祝詞の太祝詞を宣れ
やはりにとりさきて あまつのりとのふとのりとをのれ

此く宣らば 天つ神は天の磐門を押し披きて 
かくのらば あまつかみはあめのいはとをおしひらきて

天の八重雲を伊頭の千別きに千別きて 聞こし食さむ
あまのやへぐもをいづのちわきにちわきて きこしめさむ

國つ神は高山の末 短山の末に上り坐して 
くにつかみはたかやまのすゑ ひきやまのすゑにのぼりまして 

高山の伊褒理 短山の伊褒理を掻き別けて聞こし食さむ 
たかやまのいぼり ひきやまのいぼりをかきわけてきこしめさむ 

此く聞こし食してば 罪と云ふ罪は在らじと 
かくきこしめしてば つみといふつみはあらじと 

科戸の風の天の八重雲を吹き放つ事の如く
しなどのかぜのあめのやへぐもをふきはなつことのごとく

朝の御霧 夕の御霧を 朝風 夕風の吹き拂ふ事の如く
あしたのみぎり ゆふべのみぎりを あさかぜ ゆふかぜのふきはらふことのごとく

大津邊に居る大船を 舳解き放ち 艪解き放ちて 大海原に押し放つ事の如く
おほつべにをるおほふねを へときはなち ともときはなちて おほうなばらにおしはなつことのごとく

彼方の繁木が本を 焼鎌の敏鎌以ちて 打ち掃ふ事の如く
をちかたのしげきがもとを やきがまのとがまもちて うちはらふことのごとく

遺る罪は在らじと 祓へ給ひ清め給ふ事を
のこるつみはあらじと はらへたまひきよめたまふことを

高山の末 短山の末より 佐久那太理に落ち多岐つ
たかやまのすゑ ひきやまのすゑより さくなだりにおちたぎつ

速川の瀬に坐す 瀬織津比売と云ふ神 大海原に持ち出でなむ
はやかはのせにます せおりつひめといふかみ おほうなばらにもちいでなむ

此く持ち出で往なば 荒潮の潮の八百道の八潮道の潮の八百會に坐す
かくもちいでいなば あらしほのしほのやほぢのやしほぢの しほのやほあひにます

速開都比売と云ふ神 持ち加加呑みてむ 此く加加呑みてば
はやあきつひめといふかみ もちかかのみてむ かくかかのみてば

氣吹戸に坐す氣吹戸主と云ふ神 根國 底國に氣吹き放ちてむ
いぶきどにますいぶきどぬしといふかみ ねのくに そこのくににいぶきはなちてむ

此く氣吹き放ちてば 根國 底國に坐す速佐須良比売と云ふ神
かくいぶきはなちてば ねのくに そこのくににますはやさすらひめといふかみ

持ち佐須良ひ失ひてむ 此く佐須良ひ失ひてば 罪と云ふ罪は在らじと
もちさすらひうしなひてむ かくさすらひうしなひてば つみといふつみはあらじと

祓へ給ひ清め給ふ事を 天つ神 國つ神 八百萬神等共に 聞こし食せと白す
はらへたまひきよめたまふことを あまつかみ くにつかみ やほろづのかみたちともに きこしめせとまをす

瀬織津姫命を始めとする祓戸四神が登場する場面だけを抜粋すると、以下の通りである。

高山の末 短山の末より 佐久那太理に落ち多岐つ
たかやまのすゑ ひきやまのすゑより さくなだりにおちたぎつ

速川の瀬に坐す 瀬織津比売と云ふ神 大海原に持ち出でなむ
はやかはのせにます せおりつひめといふかみ おほうなばらにもちいでなむ

此く持ち出で往なば 荒潮の潮の八百道の八潮道の潮の八百會に坐す
かくもちいでいなば あらしほのしほのやほぢのやしほぢの しほのやほあひにます

速開都比売と云ふ神 持ち加加呑みてむ 此く加加呑みてば
はやあきつひめといふかみ もちかかのみてむ かくかかのみてば

氣吹戸に坐す氣吹戸主と云ふ神 根國 底國に氣吹き放ちてむ
いぶきどにますいぶきどぬしといふかみ ねのくに そこのくににいぶきはなちてむ

此く氣吹き放ちてば 根國 底國に坐す速佐須良比売と云ふ神
かくいぶきはなちてば ねのくに そこのくににますはやさすらひめといふかみ

持ち佐須良ひ失ひてむ
もちさすらひうしなひてむ

意味はというと、

(祓い清められた全ての罪は)

高い山・低い山の頂上から、勢いよく流れ落ちてきて

渓流の瀬にいらっしゃる「瀬織津姫神」が大海原に流してくれるだろう。

このように流された罪は、荒海の多くの流れが合わさって渦巻くあたりにいらっしゃる

速開都比売神が、ガブガブと呑んでくれるだろう。このようにガブガブ呑まれた罪は

気吹戸にいらっしゃる気吹戸主神が、根の国・底の国に吹き払ってくれるだろう。

このように吹き払われた罪は、根の国・底の国にいらっしゃる速佐須良比売神が

どこか知らないところに持ち去って、失くしてくれるだろう。

ホツマツタヱ

天の巻(六)アマテルの12妃の制定

・・・・・ サクラウチガメ
サクナタリ セオリツホノコ
サノスケニ ・・・・・・・

サクラウチの娘
サクナタリ・セオリツ・ホノコ
南のスケ后となり、

セオリツヒメは、アマテルの12人の妃の一人で、南のスケという地位についた。

サクナタリ・セオリツ・ホノコとは、「滝から崩れ落ちるように、背が階段を落ち下った、ホノコ」という意味で、瀬織津姫の本名は「ホノコ」ということになろうか。

天の巻(六)セオリツヒメの内宮昇格

・・・・・ ソノナカヒトリ
スナオナル セオリツヒメノ
ミヤビニハ キミモキサハシ
フミオリテ アマサガルヒニ
ムカツヒメ ツヒニイレマス
ウチミヤニ カナヤマヒコガ
ウリフヒメ ナカコオスケニ
ソナヱシム ・・・・・・・

・・・・・・・その中の一人
素直な セオリツヒメ
気高くも優美な様には、君も階段を
踏み下りて アマサカルヒ
ニムカツヒメ(と名付け) 遂には迎え入れられた
内宮に。 カナヤマヒコの娘の
ウリフ姫 ナカコが空いた南のスケ后が
代わりに据えられた ・・・・・・・

君が自ら玉座から降りて妃を迎えるという行為は、あり得ないと思われる。それほどまでに、アマテルがセオリツに心を奪われた様を表している。

そして、内宮に入る瀬織津姫は「あまさかるひに むかつひめ」という称名(たたえな)を得たわけだ。この意味はというと、「降りてきた日神(君)に向かった姫」

さて、代わりに南のスケに据えられた「ウリフ姫ナカコ」の「ウリフ」は、閏年の「閏:うるう」。臨時を表す「閏」の語源であろう。

・・・・・ ナリテイサワニ 
ミヤウツシ  ココニイマセバ
ムカツヒメ  フヂオカアナノ
オシホヰニ  ウブヤノミミニ
アレマセル  オシホミノミコ
オシヒトト  イミナオフレテ
カミアリノ  モチヰタマエバ
タミウタフ ・・・・・・・

・・・・・  そこでイワサに
都を移し   ここに居住していたら
ムカツヒメが フジオカアナの
オシホイの 産屋で
生んだ   オシホミの皇子の
オシヒトと いみなを宣して
餅飯を配ると
民が唄った ・・・・・・・

ムカツヒメ(瀬織津姫)が、藤岡穴の忍穂井の縁(耳)に産屋を建ててて、皇子:忍穂耳を生み、ホシヒトと真名(いみな)として振れまわった。

イサワの都とは「伊雑宮」とされ、忍穂井とは神宮外宮の「上御井神社」の場所を指すとされる。

▼伊雑宮の記事はコチラ!

上御井神社は外宮の山中にあり、立入禁止区域となっているため参拝は叶わない。よって、下御井神社に参拝するのである。

▼外宮の記事はコチラ!

 

他にも瀬織津姫=ムカツ姫が登場する場面は数多くある。じわじわ追加していこうと思う。

瀬織津姫命が祀られている神社(当ブログ内)

御霊神社(大阪市西区)

天照大神荒魂としての瀬織津姫命を祀っている。

小野神社(東京都多摩市)

瀬織津比咩命を主祭神として祀っている、武蔵國一之宮の論社

スポンサーリンク