双葉姫稲荷神社|京都|心霊スポット?上賀茂神社の奥に鎮座する稲荷神。

山城国一宮であるところの「賀茂別雷神社」の境内の東に「片岡山」がある。その中腹に鎮座するのが、今回ご紹介する「双葉姫稲荷神社」である。

上賀茂神社「渉渓園」の奥に朱色の鳥居が見えるので、上賀茂神社の境内社の一つであろうと勘違いしがちであるが、実は無関係とのこと。

スポンサーリンク

二葉姫稲荷神社

お勧めのスポットとは言い難い雰囲気がそこはかとなく漂ってくる。今までの経験からして、ここから先は冒険の領域になるだろう。

鳥居をくぐると、上賀茂神社のそれとはあきらかに空気感が異なる。やはり。。。

跡から調べると、どうやら神宮寺があった場所らしい。

階段を上ると、小山の中腹部に祠の集積地があるのだが、その前に、まずは景色を堪能して頂きたい。

このように、大文字山を望むことができる。蚊が多いが、景色のよいところだ。

二葉姫稲荷神社

神宮寺があったとき、その鎮守社として「二葉姫稲荷神社」が創建されたらしい

祭神は「宇迦之御魂大神」で、食物の神、五穀豊穣の神である。

ここいら一帯、明らかに気が湿っている。蛇系統の雰囲気である。

八島龍神社

前述の通り、この場所は片岡社の神宮寺があった。そして、ふもとにはがあった

神宮寺が神仏分離令を受けて移された際、このふもとにあった池も埋められた

その池に住んでいた龍神が人々の夢に出てきて訴えたようだ。「居場所がない!」

そこで、神宮寺跡に祠を設けて祀ったという話である。

祠には石が安置されている。

やはり、この湿っぽさは、龍神様が祀られているからだろう。

御影龍神

まさにお塚信仰の様相を呈する。

天ノ斑駒神社

天之斑駒神社とは。馬の霊が祀られているのだろうか。もしや、馬の首を斬って贄にする血の儀式の現場だったのかもしれない。。。

金毘羅宮と三膿不動明王

金比羅宮の左手に「三膿不動尊」と彫られた石板が立っている。「三膿」とは何を意味するのか分からないが、尋常ではない感が凄まじい。

よく見ると、「膿」ではなく、「月へんに豊」。なんだろう。

スポンサーリンク

最後に

このような場所があるとも知らず、迷い込むように誘い込まれるように、鳥居をくぐってしまう人は多いだろう。怖い思いをした人も多いようだ。

しかし、ここを「心霊スポット」と表現するのは適切ではないと思う。

とはいえ、あまりいい感じで祀られているようにも思えない。どういえばいいだろうか。非業の死を遂げた人物や粗末に扱われた神々など、少しく恨みを持つ神霊がまつられているようなイメージだ。

というのも、

私は、普段の参拝時は、天津祝詞の奏上と感謝と挨拶。お願いごとは念じないことを基本としている。

すなわち「いつもありがとうございます。」あるいは「はじめまして○○です。今日は参拝できてうれしいです。」にとどめているのだが、

この祠群に限っては、無意識の内に「鎮魂」を念じていた。すなわち「安らかにお鎮まり下さい。」だ。

自然とそう念じていて、そう念じていることは分かっていて、でもなんの違和感もない。不思議なひと時であった。

無意識に、鎮魂したということは、そういうことなのだろうと思う。

気になる方は、再び上賀茂神社の神域に戻り、奈良の小川で祓いを行っておこう。

双葉姫稲荷神社 概要

  • 所在地  〒603-8047 京都府京都市北区上賀茂本山
  • 電話番号  
  • 主祭神  宇迦之御魂神
  • 創建年    
  • 社格   
  • 公式HP   

双葉姫稲荷神社 アクセス

MAP

最寄り駅

とりあえずは、上賀茂神社を目指していただければと思う。

  • 地下鉄烏丸線「北山駅」徒歩15分
  • 地下鉄烏丸線「北大路駅」徒歩20分

駅から賀茂川沿いを歩くのも楽しいと思うが、下記のとおり主要駅からバスで行くことも可能だ。

JR 京都駅乗り換え
  • 4系統上賀茂神社行き で 終点まで
  • 9系統西賀茂車庫行き で「上賀茂御園橋」
地下鉄 北大路駅乗り換え
  • 37系統西賀茂車庫行き で 「上賀茂御園橋」
  • 北3系統京都産大行き で 「御園口町」
地下鉄 北山駅乗り換え
  • 4系統上賀茂神社行き で 終点まで
京阪 出町柳駅乗り換え
  • 4系統上賀茂神社行き で 終点まで
阪急 大宮駅乗り換え
  • 46系統上賀茂神社行き で 終点まで

駐車場

  • あり(有料)