国之水分神(くにのみくまりのかみ)

2018年1月9日

国之水分神(くにのみくまりのかみ)は、古事記に登場する日本の神。

伊邪那岐神と伊邪那美神が産んだ河口や港の神である「速秋津日子命」と「速秋津比売命」の間に生まれた、農業用水を司る神。

天之水分神(あめのみくまりのかみ)と対をなしており、おそらくは、天之・国之は、那芸(ナギ)・那美(ナミ)と同じく男女の区分と思われる。

国之水分神(くにのみくまりのかみ)の神格

  • 農業用水を分配するために作られた水路や分岐点を司る女神。
  • 川の水の分配を司る神

水道工事の着工式の祭で祀られることもあるらしい。

そして、「みくまり」が「みこもり」と解釈されて、、、

  • 子宝の神・安産の神・子守の神

として祀られることも多い。

国之水分神(くにのみくまりのかみ)の系譜

  • 祖父>>>伊邪那岐神
  • 祖母>>>伊邪那美神
  • 父>>>速秋津日子命
  • 母>>>速秋津日売命
  • 兄・夫>>>之水分神

次々と生まれた兄弟達。

「速秋津日子命」と「速秋津比売命」の間に、頬那芸神を含めて8柱の海や河に関わる神が生まれた。

広告

古事記の記述

古事記において、伊邪那岐神と伊邪那美神による神産みの段に登場する。

伊邪那岐命と伊邪那美命が国々を生み終って、さらに神々を生んだ。その生んだ神々の神名は、まず大事忍男神、次に、

・・・・・(家宅六神の名が並ぶ)・・・

次に海の神の大綿津見神を生み、次に水戸神、その名も速秋津日子神を生み、次に妹の速秋津比売神を生んだ。

そして、この速秋津日子神と速秋津比売神の二柱の神が、河と海に分けて神々を生んだ。

まずは、沫那芸神と沫那美神が生まれた。次に頬那芸神と頬那美神が生まれた。次に天之水分神と国之水分神が生まれた。。(と続き、合計8柱の水に関わる神が生まれる。)

国之水分神を祀る神社

式内社としては、下記の通り。

  • 葛城水分神社(奈良県御所市)名神大社
  • 吉野水分神社(奈良県吉野郡吉野町)式内大社(現在の祭神には国之水分神は見えないが。。。)
  • 宇太水分神社(奈良県宇陀市)式内大社
  • 都祁水分神社(奈良県奈良市)式内大社
  • 建水分神社(大阪府南河内郡千早赤坂村)式内小社
  • 天水分豊浦命神社(大阪府大阪市住吉区)式内小社 (現在の主祭神は水分神ではない。)