意富加牟豆美命(おおかむつみのみこと)|神の果実「桃」は厄災除け。

2018年4月9日

意富加牟豆美命(おおかむつみのみこと)は、日本神話に登場する神であり桃である。

何故、桃?

伊邪那岐命が、自分を助けた「桃」に神名を与えたのだ。

意富加牟豆美命の神名

  • 意富加牟豆美命(おおかむつみ)>>>古事記

おおかむつみ=大神のミ(ミは霊力)=大神の実=おおいなる神の実という意味であろう。

日本書紀にも同じ場面で「桃」は登場するが、名は付けられていない。

意富加牟豆美命の神格

  • 邪鬼払いの神

意富加牟豆美命のご利益

  • 厄払い
  • 災難除け
  • 病気平癒
  • 不老長寿

広告

意富加牟豆美命が登場する神話

古事記の「黄泉国」の終盤に登場する。

伊邪那岐命が、亡くなった伊邪那美命の変わり果てた姿を見て、畏れ逃げ帰る場面。魔女や雷神率いる黄泉国軍団に追いかけられ、、、

このように、追いかけられながら「黄泉比良坂」の坂下までたどり着きました。

そこに「3個の桃」が実ってるのを見つけた伊邪那岐命が、それらの桃をもいで黄泉軍に投げつけると、ついに全員逃げ去りました。

一息ついた伊邪那岐命は、桃たちに言いました。

「お前たちは私を助けてくれたように、葦原中国の「うつしき青人草」(人民)が苦境に立たされたり、病を患った時、同じように助けてあげなさい」

そして桃たちに「意富加牟豆美命」(おおかむづみのみこと)という名を授けました。

スポンサーリンク

意富加牟豆美命が祀られる神社

当ブログには、意富加牟豆美命を祀る神社はないが、桃をお守りとして授与いただける神社がある。

堀越神社(大阪市天王寺区)

img_20161114_130128_r

とてもかわいい「桃守り」(右側)に、一生に一度のお願いを!