久延毘古命(くえびこ)|知恵と知識と田んぼの神

2017年11月17日


久延彦命は、日本の神話に登場する神である。古くより、智恵の神・田の神として信仰されている。

久延毘古命の神名

  • 久延毘古命 >>> 古事記
  • 山田のそほど >>> 案山子の古名

久延毘古命の神格

  • 田の神
  • 農業の神
  • 土地の神
  • 山の神
  • 知恵の神

久延毘古命の神徳

  • 五穀豊穣
  • 学業向上
  • 合格成就

 

久延毘古命が祀られている神社(当ブログ内)

▼大神神社摂社 久延彦神社 (奈良県桜井市)

久延毘古命が登場する神話

少彦名命の登場(古事記)に際して

大国主命が御大御前(美保岬)の海岸に立っていると、波間に「天の羅摩船」に乗り、蛾の皮を剥いで作った服を着た神が見えた。

そこで、その神に名を尋ねたが答えない。お付きの神々にも、その名を知るものはいなかった。

多邇具久(ヒキガエル)が「久延毘古なら知っているだろう。」と言ったので、すぐに久延毘古を呼び、神の名を問うと、「神産巣日神の御子、少名毘古那神である。」と答えた。

大国主命が神産巣日神に、その真偽を聞くと、「まさに私の子である。小さすぎて私の手からこぼれ落ちた子だ。その子と兄弟の契りを交わして国造りを行うがよい」と答えた。

「くえびこ」は、「崩れた男」を意味するとされる。

田に立つ「案山子」が風雨に曝されて崩れている様子を表しているようだ。

「案山子」は農作物の育成を見守る「田の神」が降臨する「依代」として、現代でも信仰を集めている地方がある。

そして、久延毘古命(案山子)は「足は行かねども、尽(ことごと)に天の下の事を知れる神なり」とされ、その時代の知恵者の代表格の位置づけだ。

これは、古代において「異形の人」は知恵者であると信じられていたことを示していると解釈される。

そういう意味では、少彦毘古命も「異様に小さな神」であるからして「異形の人」。よって知恵者なのである。