沫那芸神(あわなぎのかみ)

沫那芸神は、記紀に登場する日本の神。

伊邪那岐神と伊邪那美神が産んだ河口や港の神である「速秋津日子命」と「速秋津比売命」の間に生まれた、泡の男神。

女神の沫那美神(あわなみのかみ)とは、兄妹の関係であり夫婦でもある。

沫那芸神(あわなぎのかみ)の神格

  • 海の泡に宿る男神。

沫那芸神(あわなぎのかみ)の系譜

古事記によると、、、

  • 祖父>>>伊邪那岐神
  • 祖母>>>伊邪那美神
  • 父>>>速秋津日子命
  • 母>>>速秋津日売命
  • 妹・妻>>>沫那美神

日本書紀の一説によると、、、

  • 祖父>>>国常立尊
  • 父>>>天鏡尊
  • 子>>>伊弉諾尊

次々と生まれた兄弟達。

「速秋津日子命」と「速秋津比売命」の間に、沫那芸神を含めて8柱の海や河に関わる神が生まれた。(古事記)

広告

沫那芸神が登場する神話

古事記の記述

沫那芸神は、古事記と日本書紀の両方に登場する。

古事記においては、伊邪那岐神と伊邪那美神による神産みの段に登場。

伊邪那岐命と伊邪那美命が国々を生み終って、さらに神々を生んだ。その生んだ神々の神名は、まず大事忍男神、次に、・・・・・(家宅六神の名が並び)・・・

次に海の神の大綿津見神を生み、次に水戸神、その名も速秋津日子神を生み、次に妹の速秋津比売神を生んだ。

そして、この速秋津日子神と速秋津比売神の二柱の神が、河と海に分けて神々を産んだ。

まずは、沫那芸神と沫那美神が生まれた。次に。。。(と続き、合計8柱の水に関わる神が生まれる。)

日本書紀の記述

これは、伊弉諾尊と伊弉冉尊の誕生に関する記述に関して、本文とは異なる別の説を紹介している部分に登場する。

一書曰、国常立尊生天鏡尊。天鏡尊生天萬尊。天萬尊生沫蕩尊。沫蕩尊生伊弉諾尊。沫蕩、此云阿和那伎。

日本書紀 第二段一書(二)

これを訳すと、、、

またある伝承では、国常立尊が天鏡尊を生み、天鏡尊が沫蕩尊を生み、沫蕩尊が伊弉諾尊を生んだ。沫蕩は「阿和那伎」という。

ここに、沫蕩尊の系譜が書かれてあり、これによれば、なんと、沫蕩尊(沫那芸神)は伊弉諾尊の父神となっている。