鳥越神社|浅草橋|おおっ!とんでもない狛犬が!勝負と出世と子宝なら鳥越神社で決定!

2018年10月20日

スポンサーリンク

鳥越神社は台東区鳥越に鎮座する古社。台東区の南東部の広範囲を氏地に持つ。

鳥越神社の神輿は「千貫神輿」と称され、都内で最も重い神輿。6月の鳥越祭では、その千貫神輿を氏子各町が引き継ぎながら氏地を練り歩く。

夕刻になると、神輿や町内の提灯に火が灯り、21時には宮入へ。その幻想的かつ荘厳な様は、見る人の心を震わせるという。

鳥越神社の祭神

現在は、日本武尊、天児屋根命、東照宮公が祀られている。

日本武尊

12代景行天皇の皇子。熊襲征伐を行い、帰還するやいなや今度は三種の神器の一つ「草薙剣」を携えて東国征伐を果たした、古代の英雄である。

東国征伐を終えて尾張の熱田に帰還したのち、草薙剣を持たずに伊吹山の荒ぶる神と戦い敗れ、三重の亀山あたり「能煩野」で最期を迎える。

日本武尊の神霊は「白鳥」となって大和国(御所市)・河内国(羽曳野市)に飛んで行き、最後は天に昇ったという。

天児屋根命

中臣氏(藤原氏)の祖神である。

岩戸隠れ神話において、祝詞を奏上した神。瓊瓊杵尊が降臨する際に随伴した五柱の神の一人。いわゆる天津神のエリートである。

それは天児屋根を祖神とした藤原不比等が、記紀編纂に関与していたことと無関係では無かろう。

東照宮公

言わずとしれた東照大権現「徳川家康公」である。

秀吉公は亡くなったのち豊国大明神として祀られたが、豊臣家は滅亡した。よって天海と崇伝は、家康公を「明神」として祀るは不吉として「権現」として祀ることにしたという。

鳥越神社の創建

白鳥明神

景行天皇の御代(西暦100年前後か)のこと。日本武尊は当地に滞在し、ここにあった小高い山に皇祖二柱を祀る神社(現:第六天榊神社)を創建した。

後世、日本武尊ゆかりの地ということで、この地を「白鳥村」、小高い山は「白鳥山」と称されるようになった。

時は流れて西暦651年(白雉2年)、日本武尊の御威徳を慕っていた村民達によって白鳥山に「白鳥明神」が奉祀された。これが鳥越神社の始まりという。

鳥越大明神

白鳥が鳥越になったのは?というと、、、

奥州安部氏の反乱を平定するために、源頼義・義家の父子が派遣されたときのこと。

ここに流れる大河(隅田川)を前にして行軍が止まった。川を越えられずにいたのである。

そこに一羽の白鳥が舞い降りてきて川の浅瀬に立ち、川を渡る道筋を示してくれた。

無事に軍隊を渡した義家は、「きっと白鳥明神のご加護であろう」と白鳥山の山頂に鎮座する白鳥明神に参拝し「鳥越大明神」の社号を贈ったという。

それ以降、鳥越神社と称するようになったと伝わる。

江戸時代に入ると、鳥越山は三度にわたって切り崩されることになる。

従い、鳥越山にあった日本武尊由来の三社すなわち第六天神社・鳥越神社・熱田神社は移転を余儀なくされ、第六天神社は堀田原へ、熱田神社は山谷へ、鳥越神社だけが奇跡的に当地に残ったという。

ちなみに、この3社を「鳥越三所明神」と称したようだ。

鳥越神社のご利益

日本武尊は日本史上類まれなる武神である。「戦勝の守護神」と言えよう。

関東では天日鷲命と日本武尊を「おとりさま」とし、「商売繁盛の守護神」として祀られることが多い。

また天児屋根命は、中臣氏(藤原氏)の祖神であるがゆえに、「出世の守護神」とされる。

スポンサーリンク

鳥越神社 参拝記録

浅草橋駅から北へ、どの道でもいい。とにかく駅から北へ進むと大通りに出る。蔵前橋通りだ。

鳥越神社の外観

このように、蔵前橋通りに出れば、鎮守の森が見えるはずである。

鳥越神社の鳥居

石造の明神鳥居と、鳥越神社と刻まれた社標。

白鳥橋

鳥居の前に小さな橋「白鳥橋」が架かる。神域への入り口だ。

手水舎

奥に「洗心」とある。手水でもって手口を漱ぐことで、心身とも清められるということだろう。

神様は穢れを嫌うのである。

鳥越神社 とんでもない部分がリアルな狛犬

どこがリアルなのかは、一目瞭然であろう。ここまで作りこまれた狛犬は初めて見た。これは一見の価値ありである。

このイチモツに触れてから摂社「志志岐神社」にお参りすると子宝に恵まれるとか聞いたことがある。

真偽のほどは定かではない。

鳥越神社の拝殿

ご神紋は七曜紋千葉氏の家紋として有名だ。北斗七星を表し、星信仰・妙見信仰のシンボルとされる。神家の「鏑木家」は千葉氏の由緒正しい家柄。

よって、鳥越神社は千葉氏の奉ずる神社と言える。

さて、鳥越という名称の由来は「源義家公」にあると前述したが、別の説がある。

「平将門公の首が白鳥山を飛び越えていった」という説だ。「とびこえ」が「とりごえ」になったというわけである。そして、その首がここに埋められているとも。

千葉氏の祖先は平将門の叔父にあたる人。平将門公の家門は「九曜紋」で星信仰・妙見信仰の信者の紋である。

さあ、鳥越神社と将門公が、千葉氏と妙見信仰で繋がった。真相やいかに。

二拝二拍手一拝。

福寿神社

祭神は、倉稲魂命、大黒天神、恵比寿神、菅原道真公とバラエティに富んだ神社である。

伏見稲荷大社の神奈備山である「稲荷山」のお塚の一つ「福寿社」からの勧請と伝わる。そこに、この地域にあったいくつかの神社を合祀したものと思われる。

ご利益は、商売繁盛衣食住安心福徳開運・長寿・病気平癒、そして学業向上である。

志志岐神社

対馬国下県郡久田にある志志岐神社から勧請した「豊玉姫命」が祀られている。

こちらに遷座する前には、対馬府中藩の江戸屋敷内で屋敷神として祀られていたようだ。

安産の神

さて、豊玉姫命の父は、海の大神である「大綿津見神」。夫は、天孫「瓊瓊杵尊」の御子「山幸彦」こと「 火遠理命」。そして、初代神武天皇の父となる「鵜草葺不合命」の母神だ

「鵜草葺不合命」(うがやふきあえずのみこと)の神名の意味は、

  • 鵜草(うがや)は、鳥の「鵜」の羽で作る産屋のこと。
  • 葺不合(ふきあえず)は、完成していないこと。

「鵜草葺不合命」の神名から、豊玉姫命は産屋が完成する前に出産したということがわかる。よって安産の神・屋敷の神として信仰を集めている。

最後までお読み頂きありがとうございました!

鳥越神社 概要

  • 所在地   東京都台東区鳥越2丁目4−1
  • 電話番号  03-3851-5033
  • アクセス 都営浅草線「蔵前駅」徒歩5分
         JR総武線「浅草橋駅」徒歩8分
  • 駐車場   なし
  • 主祭神   日本武尊
  • 創建年      651年
  • 社格   郷社
  • 公式HP     http://www004.upp.so-net.ne.jp/kab_ra/

鳥越神社 MAP

東京都台東区鳥越2丁目4−1