伊邪那岐命・伊邪那美命|初の交わり

スポンサーリンク

<<<  おのごろ島  ・  大八島の誕生  >>>

伊邪那岐命と伊邪那美命は、その出来上がった島に天降り、天之御柱を見つけ、八尋殿を見つけました。

原文では、天之御柱と八尋殿を「見立てた」と表現されている。これを立てた(建てた)と解釈するのが一般的なのだが、、、

現代語で「見立てる」とは、選定する・鑑定する・診断するといった意味や、水の流れに見立てた枯山水といったように「なぞらえる」ときに使う。

そこで私は、

おのごろ嶋に降り立ち、いくつかあった何かから、天之御柱とするに似つかわしいものを選定して見立て、八尋殿に似つかわしいものを選定して見立てた。

と解釈したい。

というのも、地上に存在するものを生み出すのは、これから始まる「まぐわい」(性交)で開始されるのだから。。。

 

そこで伊邪那岐命は妻の伊邪那美命に問いかけます。「あなたの体はどうなっているのですか?」

伊邪那美命が答えて曰く、

「私の体は十分に出来上がっているのですが、一か所だけ合わさっていない所があるのです。」

すると、伊邪那岐命もおっしゃった。

「私の体も十分に出来上がっているのですが、一か所だけ余っている所があるのです。

そこで、ものは相談なのですが、私の余っている部分をあなたの合わさっていない部分に挿し込んで塞ぎ、国土を生んではどうだろうと思うのですが。どうでしょうか?」

伊邪那美が答えるに、、、

「それは、いいことを思いつきましたね。そうしましょ。」

「合わさっていない部分」に「余った部分」を「挿し込んで塞ぐ」。そうすると「子が生まれる」。

とてつもなく直球的な表現で、思わず顔を赤らめるわけだが、小学校高学年の保健体育の授業を思いだす。

男女別々の部屋に集められて、挿し込んで塞いだところの絵を見せられた記憶がよみがえる。

 

伊邪那岐がおっしゃるに、、、

「ではでは、私とあなたがこの天之御柱の周りを回って出逢い、それから「まぐわい」をしようじゃないか。あなたは右から、私は左から回って出逢う、ということで。さあ。」

そう約束して柱の周りを廻り、出逢ったところで伊邪那美命が先に声をかけました。

「なんと、いい男だこと!」

続いて、伊邪那岐命が声を掛けました。

「なんと、麗しい乙女だろう!」

言い終わったあと、伊邪那岐命が妻に「女が先に言ったのは良くなかったけれど、まあいいか」と言いつつ神殿に入って、初のまぐわいを行い、子を生みました。

その子は、水蛭子だったので、葦で作った船に乗せて海に流しました。

次に淡嶋を生みましたが、その子もまた(不完全だったので?)子の数には入れません。

女性から先に声をかけること、すなわち女性主導のまぐわいは、NGと言う。

女性主導でまぐわいを行ったがために、生まれた子は2柱とも不完全であったということだ。

編纂当時の倫理観はそうだったのだろう。

 

水蛭子は葦船に乗せられて流れ流れて、西宮浜に漂着。現在の西宮神社に祀られている。

<<<  おのごろ島  ・  大八島の誕生  >>>

古事記

Posted by リョウ