伊邪那岐命・伊邪那美命|大八島の誕生

スポンサーリンク

<<< 伊邪那岐・伊邪那美 初の交わり  ・  伊邪那岐・伊邪那美 神生み①

伊邪那岐と伊邪那美は相談しました。

「今、僕たちが生んだ子は二人ともよくなかった。天つ神のところに行って報告しなければ。一緒に天に上がって神々の指示を承ろう。」

天つ神たちが布斗麻邇(太占:ふとまに)によって占って言うには、

「女が先に声を掛けたのがよくなかったのだ。再び降りてやり直しなさい」

そこで二柱の夫婦神は再び地上に降りて、先ほどと同じように天之御柱の周りを廻り、しかhし今度は伊邪那岐あら先に声をかけた。

「なんと麗しい乙女だろう!」

伊邪那美が応えて、

「なんて素敵な男でしょう!」

このように言い終えてから合わさり、生んだ子が、淡道之穗之狹別(あはぢのほのせわけ)の島です。

太占とは、牡鹿(おじか)の肩甲骨を波波迦(ははか)の樹皮を炭火にしたもので焼き、焼いた骨の表面にできた割れ跡で占う、古代の占い方法の一つ。

淡道之穗之狹別島は、淡路島のことを指すといわれている。粟の国への通り道の意とも、粟の穂の精霊とも。

 

次に、伊予之二名(いよのふたな)島を生みました。この島は体は一つで顔が四つありました。そして顔ごとに名前がついています。

伊予の国は愛比賣(えひめ)といい、讃岐の国は飯依比古(いひよりひこ)といい、粟の国は大宜都比売(おほげつひめ)といい、土佐の国は建依別(たけよりわけ)といいます。

次に、隠岐之三子(おきのみつこ)島を生みました。亦の名を天之忍許呂別(あまのおしころわけ)といいます。

次に、筑紫島を生みました。この島もまた体一つに顔が四つあります。

筑紫の国は白日別(しらひわけ)といい、豊の国は豊日別(とよひわけ)といい、肥の国は建日向日豊久士比泥別(たけひむかひとよくしひねわけ)といい、熊曽の国は建日別(たけひわけけ)といいます。

次に伊伎(いき)島を生みました。亦の名は天比登都柱(あまひとつはしら)といいます。

次に津島(つしま)を生みました。亦の名は天之狭手依比売(あまのさてよりひめ)といいます。

次に佐度(さど)の島を生みました。

次に大倭豊秋津(おおやまととよあきつ)の島を生みました。亦の名を天御虚空豊秋津根別(あまみそらとよあきつねわけ)といいます。

これらの八つの島がはじめに生まれたので、わが国は大八島(おおやしま)の国といいます。

このように、淡路島、四国、九州、隠岐、壱岐、対馬、佐渡、本州が生まれる。

天(あま)と呼ばれた民族が淡路島に本拠を置き、四国、九州・・・・の順い勢力範囲を広げていき、最後に倭(大和)に政権を樹立した、という過去の記憶を記したものではないだろうか。

そう考えると、土佐の「建依別」や熊曽の「建日別」などは、勢力を広げていく過程における強力な反抗勢力(強敵)であったことを述べたかったのかもしれない。

この順序は日本書記とは異なる。日本書紀では本州がはじめに生まれる。このような部分にも古事記と日本書紀の編纂目的の違いが現れているようで面白い。

 

さらに、、、

しばらくして、戻っていらっしゃったときに、吉備の児嶋を生みました。亦の名を建日方別といいます。

次に小豆島を生みました。亦の名を大野手比売(おおのてひめ)といいます。

次に大島を生みました。亦の名を大多麻流別(おおたまるわけ)といいます。

次に女島を生みました。亦の名を天一根(あまのひとつね)をいいます。

次に知詞(ちか)島を生みました。亦の名を天之忍男(あまのおしお)といいます。

次に両児(ふたご)島を生みました。亦の名を天両屋(あまのふたや)といいます。

吉備の児嶋は、現在地続きになっている岡山県の児嶋半島のことであろう。亦の名が「建日方別」と「建」が付くからして、吉備には強力な軍事力を持つ独立勢力があったことが窺い知れる。

小豆島は瀬戸内海に浮かぶ島。

大島は特定できず。しかし、児嶋・小豆島と瀬戸内の島が続くので、同じ瀬戸内海に浮かぶ大三島か大島あたりではないかと推測する。

女島も特定できないが、大分県国東半島の北東に浮かぶ姫島ではなかろうか。。。

知詞(ちか)島は長崎県の平戸島から五島列島あたりを指すという。値嘉島、値賀島とも書く。肥前風土記に「遠くにあるが、近くにあるように見える。よって近島と呼ぶべし」ともある。

両児島は、五島列島の南方にまるで五島列島のミニチュアのように浮かぶ男女群島とも、上島・下島からなる天草列島を指すとも。

 

このようにして、伊邪那岐・伊邪那美は、日本の国土たる島々を神としてお生みになられたのである。

 

<<< 伊邪那岐・伊邪那美 初の交わり  ・  

古事記

Posted by リョウ