古事記

<<< 伊邪那岐命・伊邪那美命|迦具土神、斬られる

一つ火は不吉という言い伝えは、この逸話が原点にある。

闇夜に蝋燭など1本だけつけて周囲を見ると、あの ...

古事記

<<< 伊邪那岐・伊邪那美|神生み② 伊邪那美の死

伊邪那岐・伊邪那美|黄泉国 >>>

刀で斬ったことによって現れた神々である。

古事記

<<< 伊邪那岐・伊邪那美|神産み① ・  伊邪那岐命・伊邪那美命|迦具土神、斬られる>>>

鳥之石楠船は「楠木で作られた頑丈な、そして、鳥が飛ぶ ...

古事記

<<< 伊邪那岐・伊邪那美|大八島誕生  ・  伊邪那岐命・伊邪那美命|神生み②>>>

大事忍男の神は、国生みを成し遂げた(大事を成し遂げた)との ...

古事記

<<< 伊邪那岐・伊邪那美 初の交わり  ・  伊邪那岐・伊邪那美 神生み①

太占とは、牡鹿(おじか)の肩甲骨を波波迦(ははか)の樹皮を炭火にしたもので焼き、焼いた ...

古事記

<<<  おのごろ島  ・  大八島の誕生  >>>

原文では、天之御柱と八尋殿を「見立てた」と表現されている。これを立てた(建てた)と解釈するの ...

古事記

<<< 天地開闢  ・ 伊邪那岐・伊邪那美 初の交わり >>>

淤能碁呂島(おのごろじま)は架空の島であるという説、いや実在するのだという説とがあ ...

古事記

おのごろじまの生成>>>

造化三神の出現天之御中主神(あまのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
神産巣日神(かむむすびのかみ)