古事記

速須佐之男命の悪行を見て畏れた天照大御神は、天の石屋戸に閉じ籠った。

岩戸隠れ

天照大御神が隠れた(太陽が隠れた)ために、世界が暗闇となったが、これを自然現象と捉えると、思い浮かぶのは ...

古事記

誓約の結果を一方的に決めつけて、自分の勝ちとした須佐之男命は、勝ちに乗じて様々な悪行を働く。

須佐之男命の悪行

天照大御神の「悪いことを善いように言い換える」という手法は、現在でも「大 ...

古事記

父である伊邪那岐命から追放を言い渡された須佐之男命は、それを受け入れて、、、

姉弟の対面

このように、天照大御神はまるで男のような出で立ちで、須佐之男命がやってくるのを待ち構えた。

古事記

伊邪那岐命は、黄泉の国から生還したのち、筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原にて、穢れを祓うべく「禊」(みそぎ)を行う。

纏っていた衣服や持ち物を脱ぎ捨てたとき、その持ち物から12柱の神々 ...

古事記

橘の小門の阿波岐原

黄泉の国から生還した伊邪那岐命。まずは、死者の国で穢れた体を洗い流すこととした。

禊(みそぎ)とは、、、

海や川に入って身を清める儀式のことを言う。本来、神前に進む場 ...

古事記

 

一つ火は不吉という言い伝えは、この逸話が原点にある。

闇夜に蝋燭など1本だけつけて周囲を見ると、あの世のモノや見てはいけないものが見えてしまうという、不吉な ...

古事記

 

刀で斬ったことによって現れた神々である。

湯津石村は、なんのことだろうか。。。

 

最初の三柱(石拆・根拆・石筒之男)は、 ...

古事記

 

鳥之石楠船は「楠木で作られた頑丈な、そして、鳥が飛ぶように早く走る船」といった意味。神様の乗り物、あるいは使者として登場する。

大宜都比賣は、粟の国(徳島) ...

古事記

 

大事忍男の神は、国生みを成し遂げた(大事を成し遂げた)との記念か、これから多くの神を生む(大事を始める)意気込みか。そんなイメージを持つ。

石土毘古の神から ...

古事記

 

太占とは、牡鹿(おじか)の肩甲骨を波波迦(ははか)の樹皮を炭火にしたもので焼き、焼いた骨の表面にできた割れ跡で占う、古代の占い方法の一つ。

淡道之穗之狹別島 ...