断夫山古墳|名古屋|日本武尊のお妃が眠る愛知県最大の前方後円墳。

2019年7月1日

名古屋市熱田区「熱田神宮公園内」に、愛知県最大級の前方後円墳が存在する。夫山古墳」だ。熱田神宮では「陀武夫御墓」と称している。

この地は熱田台地の西南。かつて熱田台地は伊勢湾に突き出た半島で、この古墳は当時の海岸線に造営されたことになる。

ちなみに熱田神宮はその熱田半島の先端に位置する。

断夫山古墳から南へ300m、熱田神宮から西へ300mに「白鳥古墳」もある。

断夫山古墳・白鳥古墳とも、熱田神宮と縁の深い史蹟であるからして、熱田神宮参拝と合わせて訪問されてはいかがだろうか。

スポンサーリンク

断夫山古墳について

断夫山古墳の規模

断夫山古墳は、6世紀前半、古墳時代後期の造営とされる。

  • 墳丘長は約150m。高さ16m。
  • 墳丘の西側くびれ部には造出がある。
  • また墳丘の表面には円筒埴輪列が巡らされていた。
  • 葺石と見られる川原石も発見された。
  • 古墳時代後期の特徴である前方部が大きい形状を示している。

断夫山古墳の被葬者

この古墳は、古墳時代の後期の造営で、当時強大な勢力を誇った尾張氏の首長クラスの墓と推測されている。

一方で、祀りの実態は少しく異なる。

永らく熱田神宮の所管であったが、戦後は愛知県の管理下となった。しかし現在でも、熱田神宮による祭祀が執り行われている。

何故か。

それは、熱田神宮はこの古墳に埋葬されている人物を、、、

日本武尊の妃にして熱田神宮のご神体「草薙剣」を熱田の地に祀ったとされる「宮簀媛命」としているからだ。

「宮簀媛命」は日本武尊の妃となったが、日本武尊はまもなく伊吹山で戦に負け、伊賀の能褒野で崩御する。その後、誰の妻ともならずに一生を日本武尊の冥福を祈って過ごした。

よって、断夫山古墳と主押されるようになったとか。

スポンサーリンク

断夫山古墳 参拝記録

熱田神宮境内の西に面する大通り「伏見通り」を北方向に500mほど進むと、西側に「熱田神宮公園」の駐車場が見える。無料の駐車場である。

駐車場内では、草野球チームの若い青年達が屯していた。

この様子から想像するに、おそらく休日はすぐに満車になるだろう。ご注意頂きたい。

さて、その駐車場の西側に隣接する森が目的地「断夫山古墳」である。

ここで、前方部分に回り込むか、後円部に回り込むか迷うところなのであるが、

一般的に天皇陵では前方部に参拝所を設けているので、やはり前方部に回り込もうではないか。

すなわち南側面。

前方部(南面)

南東角から南面を見たが、拝所らしきものは存在しなかった。

前方部(東面)

周濠が巡らされているが、これは後世の造作であって造営当時のものではない。

同クラスの前方後円墳を参考に考えると、当時はもっと幅広い周濠が施されていたと想像する。

後円部

後円部(東面)

後円部(北面)

断夫山古墳ミニチュア

熱田球場の横に古墳のミニチュアがあった。

巨大キノコ

古墳の周囲を歩いていると、西側に巨大なキノコが生えていた。純白のカサが実に美しいキノコだ。

造出

前方部と後円部のつなぎ目に「造出」(つくりだし)がある。造出とは、古墳からぴょこんと飛び出た造作物で、半円のもの方形のものなどがある。

何のために造られたのかは定かではないが、祭祀場ではないかという説が一般的だ。

最後に

日本武尊が東征から凱旋し、熱田に残してきた妃「宮簀媛命」と再会する。

ほっとしたのも束の間、伊吹山の荒ぶる神を征伐することになる。

日本武尊は、のちに三種の神器の一つに数えられる神剣、自身を守ってきた神剣「草薙剣」を「宮簀媛命」に預けて出征してしまう。

ところが、日本武尊は伊吹山の荒ぶる神の返り討ちにあい、帰らぬ人となってしまった。

日本武尊と宮簀媛命にとって伊吹山は、まさに鬼門である。

きっと日本武尊は「草薙剣」を帯刀しなかったことを後悔したに違いない。

また宮簀媛命も、「何故あのとき草薙剣を手渡さなかったのでしょう、、、」大いに後悔し、悲しみに暮れたはずだ。

そして、思ったに違いない「あの人が甦ってくれるなら、今からでもこの剣をあの人の元に届けたい!」と。。。

熱田神宮(草薙剣)と伊吹山を線でつなぐと、その線上に断夫山古墳(宮簀媛命)がある。

まるで、草薙剣を持って伊吹山へ向かう宮簀媛命を見るようで、悲哀を感ずるのであった。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

断夫山古墳 概要

  • 所在地  愛知県名古屋市熱田区旗屋1丁目10−45
  • 電話番号  
  • 被葬者  尾張氏首長もしくは宮簀媛命
  • 築造年代    6世紀前半

断夫山古墳 アクセス

MAP

最寄り駅

  • 地下鉄名城線 「神宮西駅」徒歩5分
  • JR東海道本線 「熱田駅」徒歩15分

駐車場

  • 熱田神宮公園の駐車場(無料)

愛知, 古墳

Posted by リョウ