古事記|神生み① 海・山・野の神々の誕生

2019年5月20日

スポンサーリンク

<<< 伊邪那岐・伊邪那美|大八島誕生  ・  伊邪那岐命・伊邪那美命|神生み②>>>

すでに国を生み終えた二柱は、さらに神を生みました。

はじめに生んだ神は大事忍男(おおことおしお)の神といいます。

次に、石土毘古(いはつちびこ)の神、
次に、石巣比売(いわすひめ)の神、
次に、大戸日別(おおとひわけ)の神、
次に、天之吹上(あめのふきあげ)の神、
次に、大屋毘古(おおやひこ)の神、
次に、風木津別之忍男(かざもつわけのおしお)の神、
次に、海の神、その名を大綿津見(おおわたつみ)の神、
次に、水戸の神、その名を速秋津日子(はやあきつひこ)の神、
次に、その妹の速秋津比売(はやあきつひめ)の神を生みました。

大事忍男の神から速秋津比売の神まで、合わせて十柱の神となります。

大事忍男の神は、国生みを成し遂げた(大事を成し遂げた)との記念か、これから多くの神を生む(大事を始める)意気込みか。そんなイメージを持つ。

石土毘古の神から風木津別之忍男の六柱の神々を家宅六神という。住居にかかわる神という見方が一般的だ。

その後、海と港と河にかかわる神々を生むことになる。

この速秋津日子の神と速秋津比売の神は、河と海にそれぞれ分けて、

沫那芸(あわなぎ)の神
次に、沫那美(あわなみ)の神
次に、頬那芸(つらなぎ)の神
次に、頬那美(つらなみ)の神
次に、天之水分(あめのみくまり)の神
次に、国之水分(くにのみくまり)の神
次に、天之久比奢母智(あめのくひざもち)の神
次に、国之久比奢母智(くにのくひざもち)の神を生みました。

沫那芸の神から国之久比奢母智(くにのくひざもち)の神まで、併せて八柱の神となります。

原文では、「速秋津日子、速秋津比賣の二神、河海に因りて持ち別けて生みし」とあり、これを直訳すると「海と河に基づいて分担して生んだ」ということになろうか。

「分担する」とは、「一方が河を、もう一方が海を担当する」という解釈するのが一般的だから、二柱の神がこれらの八柱の神を生んだというよりは、それぞれが4柱ずつ生んだという解釈になってしまう。

 

さて、伊邪那岐と伊邪那美の神生みは続く。

二柱の神は、次に、風の神を生みました。名を志那都比古(しなつひこ)の神といいます。
次に、木の神、名は久久能智(くくのち)の神を生みました。
次に、山の神、名は大山津見(おおやまつみ)の神を生みました。
次に、野の神、名は鹿屋野比賣(かやのひめ)の神、亦の名を野椎(のづち)の神を生みました。

志那都比古の神から野椎の神まで、あわせて四柱の神となります。

ここまでの神々が生まれてきた順番を整理すると、、、

まずは家宅六神が生まれ(家屋)、次に、海・港・河の神が生まれ(海から河を通じて内陸部へ)、水分神等が生まれ(灌漑用水)、そして次に、風、山、野の神が生まれた(初期の農耕)。といった順序で神々が生まれてきたように思える。

この大山津見の神と野椎の神は、山と野にそれぞれ分けて生んだ神の名は、

天之狹土(あめのさつち)の神
次に、
国之狭土(くにのさつち)の神
次に、
天之狭霧(あめのさぎり)の神
次に、国之狭霧(くにのさぎり)の神
次に、天之闇戸(あめのくらど)の神
次に、国之闇戸(くにのくらど)の神
次に、大戸惑子(おおとまとひこ)の神、
次に、大戸惑女(おおとまとひめ)の神

天之狭土の神から大戸惑女の神まであわせて八柱の神となります。

土壌、霧、谷、窪地の神で、陰陽の天と国、男と女の対で登場させている。

また、「地面から沸き立った霧で、あたりが暗闇となり道に迷い戸惑う」という一連のストーリーが目に浮かぶようで楽しい。

<<< 伊邪那岐・伊邪那美|大八島誕生  ・   伊邪那岐命・伊邪那美命|神生み②>>>

古事記

Posted by リョウ