櫟谷七野神社|京都にあった!浮気封じ・復縁祈願の決定版!

2018年2月16日

スポンサーリンク

櫟谷七野神社(いちいだに・ななの・じんじゃ) 概要

平安京の北のシンボル「船岡山」の南東、京都市上京区の西陣の真ん中、住宅地の路地の奥に隠れるように鎮座する「櫟谷七野神社」は、全国的には有名ではないが由緒ある神社である。

「櫟谷」とは、この辺りの昔の地名である。「七野」とは、かつて船岡山の山麓に広がっていた七つの原野「紫野・禁野・柏野・北野・平野・蓮台野・内野」を指すとし、「七つの野の鎮守として櫟谷に鎮座する神社」という意味になる。というのが一般的である。

他にも、この場所にあった「賀茂斎院」を廃止したあと、屋敷に祀られていた七柱の神々をここに祀ったという説、春日大神に加えて、伊勢・八幡・賀茂・松尾・平野・稲荷の6大神を順次勧請し合祀したという説など、はっきりとしない。

櫟谷七野神社の創建

「櫟谷七野神社」の創建年代は定かではない。

社伝によれば、西暦850年、55代文徳天皇の皇后が懐妊した際、安産祈願のため、大和の春日大社から春日大神をこの地に勧請したとする。

その当時は、純粋に春日神社であったと思う。

その後、前述の通り、多くの神々を合祀していったということだろう。

櫟谷七野神社の祭神

というわけで、現在の「櫟谷七野神社」の祭神は、高沙大神・春日大神・武甕槌命 他19柱とされている。合計22柱も祀られていることになる。

22柱の神々は公表されていないので、勝手に想像してみた。

例えば、前述の「合祀された6大神」を分解すると、こうなる。

  • 春日神(4柱)・・・武甕槌命、経津主命、天児屋根命、比売神
  • 伊勢神(2柱)・・・天照皇大神、豊受皇大神
  • 八幡大神(3柱)・・・応神天皇、神功皇后、比売大神
  • 松尾神(2柱)・・・大山咋神、中津島姫命
  • 賀茂神(3柱)・・・賀茂別雷大神、賀茂御祖神、玉依姫神
  • 平野神(4柱)・・・今木皇大神、久度大神、古開大神、比売大神
  • 稲荷神(5柱)・・・宇迦之御魂神、佐田彦大神、大宮能売大神、田中大神、四大神

これで、合計23柱となるのだが。。。わからない。。。

さらに、祭神筆頭の「高沙大神」とは?春日神4柱の内の「比売神」に充てているのではなかろうかと想像するのだが、どうだろう。

あくまでも「メインは春日大神の4柱にあり!」という考え方でいくと、良妻賢母で知られた天児屋根命の奥さんなら、上手にペシッと旦那の浮気を窘めてくれそうな気がするではないか。

おっと、浮気するのが男である前提で推理してしまった。。。

こう考えると、祭神として公表されている、高沙大神・春日大神・武甕槌命は、すなわち、高沙大神=比売神、春日大神=天児屋根命、武甕槌命=武甕槌命となり、経津主命だけが残ってしまった。

経津主命は、別名「斎主神」(いわいぬし)と呼ばれ、元々は物部氏の神という。よって、賀茂の斎王のためだけの神であると考えた。よって、一般市民の前には姿を現さないのである。

スポンサーリンク

櫟谷七野神社のご利益「復縁・浮気封じ」

「櫟谷七野神社」のご利益は、何といっても「浮気封じ」「復縁」である。極めてピンポイントなのである。これだけの神々を祀りながら、凄まじくピンポイントだ。潔さすら覚える。

と思っていたら、普通の恋愛成就の御利益もありとのこと。よかった。

なぜ「復縁・浮気封じ」なのか?

雍州府誌によると、

宇多天皇の皇后は、天皇の寵愛を取り戻そうと祈っていた。すると夢告に「社前の白い砂を三笠山の形に積み、祈願せよ」とあった。それに従って大和の三笠山を白砂で築いたら、天皇の寵愛が戻った。その後、白砂でつくる山を「高砂山」と呼ぶようになった。

と伝える。

三笠山とは「御蓋山(みかさやま)」。春日大社の神奈備山で、春日大社の祭神である武甕槌命が、枚岡神社から勧請されたとき、白鹿に乗って降り立った場所とされる。

すなわち、三笠山とは春日神の象徴である。

宇多天皇の在位期間は887年~897年。この期間に、この風習が成立していったということになろう。

主祭神の「高沙大神」は、「浮気封じ」の御神徳を広く世間に広めるために、庶民にわかりやすく名付けられた神名なのだろうと想像する。。。

復縁・浮気封じ祈願の手順 高砂山祈願

 

正式名称は「高砂山祈願」という。浮気封じ・復縁・恋愛成就にご利益ありとされる。

  • 拝殿横に白砂(白石)が詰められた袋が置かれている。
  • これを専用台に「三笠山の形」に積む。
  • 袋に入っている用紙に祈願の願意を記入する。
  • 初穂料1000円と祈願申込用紙を賽銭箱にお納める。

そうすると、神前にてご祈願して頂けるわけだ。さらに、御札付きの場合は、別途500円。特別御札なるものも登場。別途2000円。

遠方の方のために郵送による授与も行っている。詳細は公式HPにてご確認いただきたい。

それだけ、浮気に心を痛めている人が多いということなのだろう。。。

次ページに続く

スポンサーリンク